仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

未分類

卒業式のストッキング、マナー的に色はなにを選ぶべき?黒タイツはOK?寒いときは重ね着もOK?

投稿日:

卒業式のストッキングはなにかと悩んでしまうことが多いのではないでしょうか。
おしゃれにもこだわりたいけれどマナーも守らなければ…と
不安を抱えている方も多いはず。

そこで、卒業式に最適なストッキングの色や
タイツでもいいのか?などについてご紹介します。

Sponsored Links

■マナー的にはどうするべき?


まず最初に考えておきたいのがマナーに関することです。
言い換えてみれば、マナーさえ守っていれはそれほどその他の注意点を
深く考え過ぎる必要はないでしょう。

ママがマナーを守れていないと子どもが悪く言われてしまうことも
あるかもしれないので注意が必要です。

まず、ストッキングのほかにタイツを検討している方もいるかもしれませんが、
基本的にはストッキングを履くのがマナーだと思っておいた方が良いでしょう。

それから、明る過ぎる色も避けておいた方が良いです。
というのも、卒業式というのは出会いの式典である入学式とは反対に
別れの式典ですよね。

そのため、あまりにも明るい色は向かないのです。
派手な色のストッキングを履いてしまうとマナー違反だと
思われてしまうので気をつけましょう。

■色は何色が?


具体的な色についてですが、卒業式で履くストッキングの色は
ベージュを基本にしましょう。

注意しなければならないのが黒いスーツを着るからといって
黒のストッキングを履いてはいけないということ。
たまに黒を選択してしまっている方もいるようですが、
黒のスーツに黒のストッキングを合わせるとどうしても
を連想させてしまいますよね。

また、パールのネックレスを身につける方もいますが、
その時にブラックを選択してしまうとベージュのストッキングを
身につけていたとしても喪を想像させてしまうので避けておいた方が良いですね。

卒業式というおめでたい式典であるため、喪服のような形にならないように
注意しなければなりません。
また、お祝いの式典では少し派手な柄物やラメ入りのストッキング
選択したいと考えている方もしれませんが、これは避けておいた方が良いでしょう。

あくまで式の主役は子どもであるため、
親が派手な服装をするのはおすすめできません。

■黒タイツはOK?


普段からあんまりストッキングを履き慣れていない方などは
ベージュのストッキングを履くことに抵抗を感じてしまうこともあるようです。
それだけでなく、卒業式の時期は寒いことから寒いのが苦手な方は
ストッキングでは不安になってしまうかもしれません。

そこで気になるのが、厚めのタイツなどを履いても良いのか?ということです。

ですが、結論から言ってしまえば卒業式の服装の基本は
ベージュのストッキングとなります。
そのため、やはり黒のタイツなどは避けておいた方が良いでしょう。

どうしても重たい印象にもなってしまうため、
卒業式というおめでたい式典には向かないのです。

Sponsored Links

では黒ではない明るい色のタイツなら良いの?と思う方もいるかもしれません。
しかし、タイツ自体が基本的にNGだと考えておいた方が良いでしょう。

卒業式といえばフォーマルな衣装で参加する場ですが、
タイツというのはフォーマルというよりもカジュアルな時に選択するものなので、
マナーを考えた際にも避けておいた方が良いのです。

これは地域によって考え方や風習が違うので、中には黒のタイツを履いている方が
多い地域もありますが、そうではない地域の方が多いと思っておいた方が良いでしょう。
かなり浮いてしまうことも考えられます。

ただ、どうしても足を出したくない、冷え性であるなどの理由から
薄手のストッキングでは卒業式の参加をためらってしまう方もいるかもしれません。
そういった場合にはパンツスーツを選択すると良いでしょう。
パンツスーツであればストッキングが苦手な方でも問題ないので
このような対策を取ると良いですね。

■寒いときはどうすれば?


先にご紹介したようにパンツスーツを選択するという方法もありますが、
パンツスーツは似合わないし…と悩んでいる方もいるかもしれません。
そういった方はストッキングを2枚重ねすると良いでしょう。

ストッキングの種類によっても違いますが、あまりにも肌色が強いものだと
2枚重ねした際に肌の色がおかしく見えてしまうため、
色の薄いものを重ねて履くと良いですね。

また、上の防寒具を整えるというのもおすすめです。
暖かい上着を着ていくだけでもかなり違うので、
上半身の防寒に力を入れてみると良いでしょう。

他には座っている最中に寒さを感じないように
ひざ掛けを持っていくというのもおすすめです。

それから、家から会場までは厚手のタイツを履いて行き、
会場でストッキングに着替えるという方法もあります。
卒業式の会場まで車で行けるという場合は良いかもしれませんが、
自転車などでいかなければならない場合にはどうしても
道中に寒さを感じてしまいますよね。

このようにいろいろな対策があるので、自分に合ったものを試してみましょう。

地域によってタイツの人がどれくらいいるかというのは違います。

タイツの割合が多い地域であれば特に問題ないケースも多いのですが、
可能であれば先輩ママさんなどに去年はどうだったか話を聞いてみるのも良いでしょう。

Sponsored Links

-未分類
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.