仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

仮想通貨ニュース

テザー疑惑を分かりやすく解説 仮想通貨テザーUSDTとは?

投稿日:

今回は今話題の仮想通貨USDTテザー疑惑に関して分かりやすくお伝えしたいと思います。

2018年1月後半から仮想通貨の相場が大きく下落しています。

Sponsored Links

この理由に関してはいくつか考えられています。

1つは皆さんもご存知の「コインチェック問題」ですね。

こちらは500億円以上の仮想通貨NEMがハッキングにより流出し、その結果コインチェックは現在、日本円、仮想通貨のコインともに出金が禁止されているという状況です。

このコインチェック事件で仮想通貨市場は大混乱に陥り、大きく相場が値下がりしました。

しかし、実はこの仮想通貨相場の下落はコインチェック問題だけではないのです。

それが今回のエントリーで取り上げる「テザー疑惑」です。

ただ、テザーといわれても「何それ?おいしいの?」という方も多いでしょうから、まずはテザー(USDTともいう)についてお話ししたいと思います。

テザーとは?USDTとは?

テザーとは「テザー」という仮想通貨を発行している会社の名前です。

ちまたでよく聞く「USDT」というのはこのテザーの略称です。
USDTは正確にはUSD Tetherと表記されます。
これを略してUSDTと呼ぶわけですね。

さて、このテザーですが、この略称から分かる通り、USD(アメリカドル)を意識して作られたものとなります。

テザーの理念はドルと等価な仮想通貨を作ること、つまり1USDT=1ドル、このような状況を作るために作られたものとなります。

ん?1ドルと等価なんだったら別にテザーって要らなくね?って思いますよね。
私自身も最初そう思いましたし(笑

ただ、テザー(USDT)は仮想通貨であるがゆえに、リアルなUSDよりも送金が簡単に、かつ素早く行える、海外送金などの手数料が安い、などのメリットがあるんです。

日本にいたら銀行での送金なんて翌日に届くのが当たり前、って思うかもしれませんが、これは世界ではなかなか稀な状況で、送金したお金が着金までに何日も掛かる、なんて国も未だにかなりあるんですよ。

さて、これでテザー(USDT)に関してだいぶ理解できたと思います。
では、遂に本題であるテザー疑惑、テザー問題について解説していきましょう。

仮想通貨テザー(USDT)を取り巻くテザー疑惑とは?

さて、そんな仮想通貨テザー(USDT)ですが、最近テザー疑惑が持ち上がっています。

先ほどもお話しした通り、テザーという仮想通貨はUSDと等価である、ということが売りです。

つまり、1USDTを持っていれば、いつでも1USDと交換できる。
こういう状況だからこそUSDTを所有している人たちは安心してテザーを使えるわけです。

ですが、こんな疑惑が持ち上がったのです・・・。

「テザー社はドルの担保無しにテザーを発行しているんじゃないか・・・?」

つまり、テザー社が発行しているテザー(USDT)の総量が、テザー社が保有している資産よりも大きいのではないか?という疑惑が浮上したんですね。

これはつまり、USDTを持っている人が全員USDに換金しようとしても、テザー社にはそれだけのUSDが無い、ということです。

これって由々しき事態ですよね。

だって、万が一にも全員がUSDTをUSDに換金しようとしたとしたら、最後の方の人は換金が出来ない・・・ってことですから。

この疑惑が事実だったとしたら取り付け騒ぎが起こり、USDTは確実に暴落するといわれています。

Sponsored Links

これに対してテザー社はこの疑惑を完全に否定しています。
が、このような状況を重く見たアメリカの商品先物取引委員会は1月30日にテザー社に召喚状を送付したと報じられています。

では、このテザー疑惑が起こったその背景には何があったんでしょうか?

テザー疑惑の起こった理由

その理由として挙げられているのがテザー社によるテザー(USDT)の新規発行です。

テザー社が自身の保有しているのと同額までのテザーの発行で収めているなら何も問題はありません。

ですが、発行主体であるテザー社は仮想通貨の相場が大きく下落した時などに、テザー(USDT)を発行することでビットコインなどの下落した通貨を買いあさったりしているのではないか?というような憶測まで飛んでいます。

そして、それがもし事実で起こったとすれば、ビットコインなどの異常ともいえる価格上昇にもこのテザーという仮想通貨が大きく関わっていた可能性まで出てきます。

要するにテザー社が相場価格を操縦していた、そして今後も行われる可能性がある、という懸念が出てくるわけですね。

これは一般の市場参加者からしたらとんでもない問題ですよね。

テザー疑惑はどうなる?

さて、テザー疑惑がどういったものか?については分かっていただけたかたと思いますが、今後どういうことになっていくのでしょうか。

今回のテザー疑惑に関しては「テザー社がテザー(USDT)を発行するのにあたり1ドルを担保していない」ということが問題だったわけです。

ただ、個人的に思うところとしては、先ほど話した通りにテザー社がUSDTを使って相場の価格操縦を行っていたのであれば、テザー社は相当な利益を得ていることになりますよね。

そうであればテザー社が「発行額に相当する米ドルを保有していない」という疑惑はありえない気がするんですがどうなんでしょうか?

とはいえ、重要な問題はこういった仮想通貨の発行主体が自社で仮想通貨を自由に発行し、それを使って相場の価格操縦を行える環境がある、ということではないでしょうか。

そうなってしまえば、個人投資家なんかはまさにカモですし、力を持つものがひたすら勝ち続ける、そういう歪な構造になってしまう気がします。

今は仮想通貨市場を取り巻く法の整備が整っていない状況ですから、こういう無茶苦茶も通ってしまうのかもしれませんね。

そして、そのような裏の事情が明るみに出た場合には仮想通貨市場に与えるインパクトは相当なものになるでしょう。

今後の情報にも注視する必要がありそうですね。

Sponsored Links

-仮想通貨ニュース

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.