仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨基礎知識

仮想通貨取引所手数料徹底比較!仮想通貨取引所選びは手数料が安い取引所を比較して取引コストの低さを重視しよう

投稿日:

これからビットコインなどの人気の仮想通貨で売買取引を始めようと意気込んではいても、

いったいどこの取引所を選んだら良いか迷うことはありませんか?

Sponsored Links

世界中の国々で今や日常的に使われている仮想通貨の取引所は数え切れないほどたくさんありますが、やっぱりわたしたちは日本人ですから、

日本国内の優良で安全な取引所、そして手数料が安い仮想通貨取引所と、低コスパにこだわって納得のいく取引所選びをしたいですよね。

ここでは、日本国内でもっとも手数料が安い人気の取引所を徹底比較してランキングを一挙まとめてご紹介しましょう

 

日本国内の仮想通貨取引所でもっとも手数料が安い上位5位ランキング

 

仮想通貨の売買取引では、通貨の選び方も重要ポイントではありますが、それ以前に取引所の選び方によっては、投資家の資金と利益にも大きく左右されることもあります。

ここでは、口座開設を行う前のファーストステップとして、取引手数料が安い取引所を厳選して、上位1位から5位までランキング形式でお伝えしましょう。

 

手数料が安い仮想通貨取引所 第1位 Zaif(ザイフ)

仮想通貨の売買取引において現在、日本国内に存在する取引所の中でもっとも手数料が安いのはZaif(ザイフ)です。

近年は、BTC(ビットコイン)の取引手数料が無料になっている取引所も増えてはいますが、もうそんなことは当たり前の時代に突入しました。

Zaif(ザイフ)が堂々の第1位にランクインした理由はBTC取引手数料が無料どころか、-0.01%となっていて、ザイフでビットコインの売買取引をするたびに0.01%の手数料を受け取ることができるのです。

それでは、ザイフでは、その他の取引コストは、どのようになっているのでしょうか。

ビットコインの送金手数料は0.00005BTC、これはビットコインの時価によって価格は変わりますが、安心の低コストです。日本円の出金手数料は350円~756円となっていますが、ザイフで仮想通貨の売買取引を行う投資家も急増していることから、今後はより良質なサービスを提供してくれると期待されます。

そもそもザイフは、ブロックチェーンと暗号通貨のテクノロジーに基づいた開発を行ったとされるテックビューロ株式会社が経営しており、健全性の高い取引所として着実に知名度を上げています。

ザイフでは現時点において販売所は存在していますが、即時入金といったシステムは今のところ採用されていません。

現在、ザイフで取り扱われている仮想通貨にはビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、モナーコイン、イーサリアムなどがありますが、仮想通貨の種類の多さだけではなく、指値注文ができるので、FX投資の経験者にもおすすめです。

手数料が安い仮想通貨取引所 第2位 bitbank(ビットバンク)

 

手数料が安い仮想通貨取引所堂々第2位は、その名もbitbank(ビットバンク)です。

ビットバンクではBTC送金手数料は0.001btc、入出金手数料は銀行振込みの場合無料、出金手数料は3万円以下の場合は540円、3万円以上の場合は756円となっています。

ザイフと同様に現時点において、即時入金には対応していませんが、テクニカル分析が得意な人にはまさにもってこいの取引所です。

現在、ビットバンクのスプレッド(BTC/円)は3000円~4000円程度、そしてBTC取引手数料はもちろん無料であることは言うまでもありません。ビットバンクが設立・運営スタートしたのは、2017年3月ですから、仮想通貨取引所としては他の取引所と比較するとまだ日が浅いものです。

しかし、企業としては成長著しく、手数料の安さと指値注文ができる取引所として多くの投資家から人気を集めています。

 

手数料が安い仮想通貨取引所 第3位 GMOコイン

仮想通貨の取引手数料が安い人気ランキング堂々第3位にランクインしたのはGMOコインです。

スプレッドは3000円と固定されていますが、入金手数料に注目してみて下さい。即時入金に対応可能でしかも入金手数料は無料、銀行振込みの場合は実費となります。

GMOコインではBTC取引手数料が無料、日本円出金手数料も無料、BTC送金手数料についてはマイナーに対して支払われる手数料は実費負担となっています。

GMOコインのおすすめポイントは、低コスパであることはもちろん、即時入金にも対応していて、仮想通貨の価格相場に大幅な変動がみられる場合にもスピーディーに入金処理ができるので投資家にとっては安心材料のひとつとなることでしょう。

手数料体系ではもうひとつ注目すべき点として、スプレッドが買い値・売り値の両方で完全に固定されているため、わかりやすいですね。GMOという名を耳にするだけで、東証一部上場のあのGMOのグループ企業だとすぐにピンと来ると思いますが、信頼と実績の高さといったところでも安心感があります。

手数料が安い仮想通貨取引所 第4位 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

手数料が安い仮想通貨取引所の第4位は、モデルのローラさんのCMですっかりおなじみになったDMM Bitcoin(DMMビットコイン)です。

2018年1月にオープンしたばかりですが、他の取引所とは異なる特色を持ち合わせた新世代の取引所としても早くも注目されていますね。

レバレッジによる手数料以外はすべて無料となっており、現在取り扱い中の仮想通貨の種類はなんと日本国内ではビットコイン、イーサリアム、ネップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュなど最大の7種類。さらに現物による取引では3通貨ペア、レバレッジを効かせた取引ではなんと14通貨ペアと豊富なバリエーションです。

レバレッジによる取引では手数料がかかりますが、それ以外の売買取引においては基本的に手数料が無料とわかりやすくてシンプルですね。

Sponsored Links

なお、レバレッジによる取引では固定で5倍となっており、これ以上高倍率でのレバレッジをかけることはできません。これは、ハイリスクハイリターンよりもローリスクローリターンで投資家の資金を守るための対策でもあり、投資家の立場を考慮してのこと。

レバレッジによる取引の場合は、やや高コストになるかもしれませんが、レバレッジをかけないで取引する投資家にとっては安心の低コストが実現されており、トータルで第4位となりました。

手数料が安い仮想通貨取引所 第5位 BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)と言えば、親会社は東証マザーズ上場の株式会社リミックスポイントですね。ビットポイントでは、BTC取引手数料は無料ですが、現時点での即時入金の対応はなく、BTC送金手数料は無料、日本円入出金手数料は銀行振込み手数料が実費での負担となっています。

現在、ビットポイントで取り扱われている仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの3種類と他の取引所と比較すると少ないですが、投資家の資金の安全を保護するための対策として、すでに信託銀行との提携により、信託保全制度がいち早く導入されたことは、高く評価したいですね。

仮想通貨の取引における手数料の種類はおもに3つ

仮想通貨の取引所を選ぶ前に、実際の売買取引においてどのような手数料の種類が存在するのか、知っておくと良いですね。

仮想通貨による売買取引では、売買手数料、そして銀行などの金融機関と仮想通貨取引所間での日本円による入金手数料や出金手数料が発生します。そして、仮想通貨を送金する際にも手数料が発生しますが、取引所によっては無料となっているところもあります。

それぞれ解説していきましょう。

 

仮想通貨による売買手数料について

仮想通貨での取引でもっとも重視すべきコストと言えば、やはり売買手数料ですね。

この売買手数料についてさらに3つに分類すると、

・クレジットによる仮想通貨の購入の際の売買手数料
・取引所での取引板を用いる場合の個人と個人での売買取引を行った場合の売買手数料
・もともと取引所が取り扱っている仮想通貨販売所で購入した際の売買手数料

この3つがあります。

この3種類の中で売買手数料がもっとも安いのは取引板を用いる取引とされています。

通常、取引所での売買手数料はあらかじめ決められているので、とくに取引板を使わず、個人と個人の取引ではない場合は、複数の取引所の売買手数料を比較してもっとも安い取引所を選ぶとより低コストですね。

仮想通貨の送金手数料について

仮想通貨のメリットのひとつと言えば、送金手数料が安いことが挙げられます。

そもそもこの送金手数料とは、投資家が取引所に対して支払うものではなく、マイニングによる報酬が得られる人、つまりマイナーに対して支払う手数料のことを指しています。

ビットコインによる送金手数料はすでに無料となっている取引所もありますが、ビットコインの場合は手数料がかかっても0.00005BTC~0.001BTCと取引所によって格差が生じています。仮想通貨の送金手数料は取引所ごとにさまざまな違いがありますが、あくまでもマイナーに対しての手数料だということを理解しておきましょう。

0.001BTCを日本円に換算すると、1BTCが100万円とした場合は約1000円ですが、その時の価格相場によって大きく変動することもあります。もっとも、0.001BTCと設定されてた取引所は極めて少なく、ほとんどの取引所で10円単位、100円単位ですから、送金する頻度が低い場合は、送金手数料はあまり気にする必要はありません。

銀行などの金融機関と仮想通貨取引所間の入金・出金にともなう手数料について

仮想通貨の売買取引をスタートする前に、取引所を選び口座開設の手続きを行うのですが、

基本的にどの取引所を選んでも口座開設手数料、口座維持手数料といったコストが発生することはまずありません。

また、仮想通貨の売買取引はFX投資とは違い、証拠金取引ではないので、そのようなコストも発生しません。

仮想通貨の売買取引では投機対象となる仮想通貨を選び、買う取引をすることから始まるわけですから、取引所に対して日本円にて入金することになり、これを入金手数料と言います。ほとんどの取引所で入金手数料については振込手数料が実費となっていますが、出金手数料は取引所によって金額にばらつきがあります。

当然のことですが、入金または出金の回数が多ければ多いほど、その分の手数料が発生するためコスト高になります。

 

仮想通貨の手数料まとめ

これまでに取引手数料が安い仮想通貨取引所を上位5位までご紹介しましたが、ここでご紹介した以外にも取引手数料が安くて優良な取引所も多数あります。また、それぞれの手数料の金額や体系などは、取引所によっては今後改正される可能性もありますので、気になる取引所がありましたら、ぜひ公式サイトを速やかにチェックしてみて下さいね。

もうひとつ、重要なことは単に取引手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶのではなく、各取引所のサービス内容やメリット、デメリットについてもじっくりと比較した上で、投資家自身のニーズに見合うところを慎重に選び、1社に絞りきれない場合は2社、3社と複数で選んで口座開設の手続きをする、ということです。

優良な仮想通貨取引所を選ぶための目安として、取引手数料が安いランキングや、それぞれの手数料の意味について十分に理解した上で、これからの仮想通貨投資ライフに役立てていただき、安心の低コストにて安全性の高い売買取引ができるようになれば幸いです。

 

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨基礎知識

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.