仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨基礎知識

メジャー仮想通貨の種類とその特徴をシンプルに解説 ビットコイン、リップル、NEM、LISK、DASH

投稿日:

仮想通貨投資をする上で、その通貨の特徴を知っておくことは非常に大事です。

仮想通貨といっても、各通貨ごとに様々な特徴があり、それを知ることで今後伸びてくる仮想通貨、落ちていくであろう仮想通貨が分かるようになるからです。

Sponsored Links

仮想通貨と一言で言っても今現在ですらいろんな種類があります。

その中で世間で一番知られているのはビットコインですが、そのほかにもたくさんの仮想通貨が存在します。今回のエントリーではそんな仮想通貨の種類を簡単かつ分かりやすく紹介します。

物凄く詳しく知りたい!という方にはちょっと物足りないかもしれませんが、自分が取り扱っている通貨について最低限は知っておきたい!そういう方にはとても役に立つと思います。

ということで、まずは仮想通貨の中で日本でも取り扱いが出来る種類で代表的なものをいくつか紹介します。

仮想通貨にはビットコイン・リップル・NEM・LISK・DASHといったものがあり、それぞれには特長があります。

ということで、各仮想通貨の特長を見てみようと思うのですが、その前に仮想通貨の格付けランキングについてお話ししましょう。

仮想通貨の格付け会社Weiss Ratingsによる格付けについて

2018年の1月にアメリカの独立系格付け会社「Weiss Ratings」によって仮想通貨の格付けが発表されました。

それによるとランクはA~Eまで分かれており、ランクが上にいくほど(Aに近づくほど)評価が高い、というものでした。

ちなみに今回の格付けにおいては最上級のランクである「ランクA」に該当する仮想通貨はありませんでした。

マウントゴックス事件やコインチェックによるNEMの流出問題など、仮想通貨には様々な点で不安な部分もあるのでランクAを付ける、ということ自体が格付け会社としてはリスクがある行為になるのかもしれませんね。

この格付けなども含めた上で各通貨をご紹介していきたいと思います。

仮想通貨ビットコインの特長

Weiss Ratings:C+(Cの1つ上のランク)

仮想通貨の中でも日本では有名なのがビットコインです。

ビットコインと言えば仮想通貨の代表的なもので、日本でもおなじみの仮想通貨ではないでしょうか。

海外の取引所などでコインを購入する際にはビットコインで購入しかできない、というような取引所もあり、仮想通貨界の基軸通貨という立ち位置でもあります。

ちなみにアメリカの格付け会社による格付けではC+でした。(A~Eまでのランクがあり、Cの1つ上のランク)

仮想通貨ビットコインの発行上限

そんなビットコインの特徴と言えば発行数に上限が設定されていることです。

ビットコインの上限は2000万ビットコインとなっていて、それ以上は発行されません。

ビットコインは1回での発行枚数も決まっていて、4年に一度現在の半分まで発行されるような仕組みになっています。

この仕組みによってインフレになることがないようになっており、ビットコインの価値を高める仕組みとなっています。

通貨に発行上限がない、というような状況になってしまうと、いくらでも発行できてしまうので通貨の価値自体が下がってしまいますよね。そういったことが起こらないようにこういった仕組みがあります。

ちょっと前に起こったテザー社のUSDT疑惑はこの仕組みがなく、自社の保有している財産以上の通貨を発行しているのでは?ということが話題になりましたね。

テザー疑惑を分かりやすく解説 仮想通貨テザーUSDTとは?

このように、どのような通貨でも無限に発行できる、というのではなく、しっかりと発行上限が決められている、ということが非常に重要になります。

ビットコインの送金が早い、安い、はもう昔の話?

また、ビットコインは銀行などの仲介業者がいなくても直接相手とのやり取りが出来るため手数料が安く済み、送金時間が短くて済みます。

・・・というのは最近ではすでに昔の話となってきていて、ビットコインの価格高騰などに伴って手数料はそれほど安くもなく、かつ送金時間も他の通貨に比べたら時間もかかる・・・というような状況になりつつあります。

それでもなお、ビットコインが非常に人気があるのはその知名度のおかげでしょうね。

とはいえ、最近では以前に比べて仮想通貨投資をしている方の仮想通貨への知識レベルもかなり向上してきている状況ですから、今後ビットコインの人気がどうなっていくのか?は微妙なところかもしれませんね。

安全通貨としての仮想通貨ビットコイン

自国通貨のように金融危機になった場合に、お金の価値が下がってしまうようなときでもビットコインであれば価値が下がることなく安定した取引を行うことが出来ます。

金が安全資産として常に人気があるのと同じ仕組みですね。

中国で仮想通貨が規制されるようになる前は、中国人が自国通貨「元」を信用できない、ということで、中国マネーがビットコインに大量に流れ込んできており、その結果ビットコインの価格が高騰していった、という歴史もあります。

このように、政治情勢などが不安定な国や地域においては、自国の通貨よりも仮想通貨の方が信頼できる、というようなこともあり、資金が流入してきます。

 

仮想通貨リップルの特長

Weiss Ratings:C

仮想通貨リップルはグーグルが出資した通貨ということで一躍知名度が上がり将来性を感じる仮想通貨として有名になりました。

現時点で1000種類以上の仮想通貨が氾濫している中で、

リップルは常に信頼性では上位に位置していて安全性と信用性の両面でオススメできる仮想通貨です。

リップルが注目を浴び始めたきっかけは、2017年に価格が一気に高騰して以前の価値から約600倍以上にまで跳ね上がってからです。

Sponsored Links

こういったことが起こるのが仮想通貨の世界であり、そういった仮想通貨ドリームを求めてみな様々なコインへの投資をしているわけですね。

ちなみにリップルは2006年にカナダの Ryan Fuggerという開発者によって作られたのが始まりです。

リップル内のXRPという仮想通貨を使って取引を行うようになっています。

リップルの最大のメリットは決済のスピードがビットコインよりも早く、数秒で終わることです。

リップルの場合、銀行間取引を行い速さと手数料の安さが売りでもあります。

XRPを使うことで、海外の通貨単位が違う取引でも、それぞれの通貨に変換して決済を行うシステムになっています。

最近、日本でもみずほファイナンシャルグループがリップルを使った決済を開始していて更に注目度が高くなっています。

ただ、リップルは様々なところと手を組んでおり、あまりにもそういった提携ニュースが多すぎるせいでリップラーにとってはそういった状況が日常となっており、あまり価格は反応しなくなってきていたりします(笑

仮想通貨NEMの特長

Weiss Ratings:C+

コインチェック問題で超有名になった仮想通貨ですね(笑

NEMの仮想通貨の単位はXEMで、8,999,999,999XEMを1600人もの投資家に分けられたのが始まりです。

XEMの最大の特徴はビットコインのようなマイニング作業がなく、また通貨の新規発行も一切ありません。

既に発行数が決まっていて今以上の新規発行がないということは、安定性では非常に高くなりますし、それだけに通貨の価値も担保されたものとなります。

NEMが発行されたのは2015年で、まだ新しい仮想通貨ですが、すでに時価総額は1兆円と言われています。

各種通貨の時価総額が気になる方はこちらのエントリーをご覧ください。

仮想通貨時価総額ランキング!ビットコインなど人気の通貨の時価総額が知りたい!

仮想通貨NEMでもブロックチェーンが利用されていて、ビットコインのマイニングに当たるものとして、NEMの場合はハーベスティング(収穫)と呼ばれるものがあります。

NEMの送金などの処理を代理で行うのがハーベスティングなわけですが、このハーベスティングを行ってくれた人に手数料を支払う必要があります。では、新規発行無しのNEMではこの手数料の支払いはどのような仕組みになっているのでしょうか。

NEMの場合のハーベスティングによる報酬は、取引を行ったときにかかる手数料を報酬として割り当てています。

そのためハーベスティングを行った人には安定した報酬を支払っています。

また、NEMの場合はビットコインのように最初にマイニングをした人が報酬を独占するのではなく、ハーベスティングに参加した人全てに支払われるようになっています。

この点がビットコインとは大きく違う点です。

 

仮想通貨イーサリアムの特長

Weiss Ratings:B

今回ご紹介する仮想通貨の中では唯一のWeiss Rating Bを誇るのがイーサリアムです。

イーサリアムは基本的にはビットコインと同じような仕組みで構成されています。

ただしビットコインと大きく違う点もあります。

それがビットコインの暗号技術をさらに拡張させている「スマートコントラクト」という技術です。

このスマートコントラクトを活用することでただ仮想通貨の送金などだけを行うのではなく、様々な電子契約を時間と手間を減らした上で行うことができるようになります。

投機としての仮想通貨が世界で非常に注目されていますが、本来はこのブロックチェーン技術やスマートコントラクト技術ことが、世界の経済の流れやシステム化を大きく変える素晴らしい技術なのだ、ということを忘れないで欲しいですね。

ちなみにイーサリアムは、ビットコインに次ぐ代2位の時価総額となっている仮想通貨でもあります。

仮想通貨LISKの特長

LISKとは2016年に公開されてばかりの仮想通貨で、時価総額が400億円程度で、仮想通貨の中では21位とまだ若い仮想通貨です。

最近は国内の仮想通貨取引所でも取引きがされるようになってきていて、将来性を感じる通貨ではないでしょうか。

また、最近は国内大手取引所の「ビットフライヤー」に上場したこともあり、大きく価格を伸ばしたことも記憶に新しいですよね。(その後、利確勢に押されたのか一気に値を下げましたが・・・)

若い仮想通貨なだけあり、最近の1年間で20倍近く高騰していて投資目的としては魅力的な仮想通貨です。

LISKの最大の特徴は発行枚数に制限がなく、開発にはJavaScriptを言語として利用しているため、LISKの開発には多くの開発者が参加できるようになっています。

仮想通貨DASHの特長

DASHは2014年に誕生した仮想通貨でまだ新しい通貨です。

ビットコインのような取引にブロックチェーンを使っている通貨では第三者でも取引を簡単に見ることが出来るため、非公開で取引をしたいというときなどに役立つ仮想通貨です。

このDASHを使うと取引を行なうときにプールと言われるブラックボックスを利用しているので、その取引きの内容が第三者からは覗き見ることが出来なくなっています。

ちょっといかがわしい感じがする内容ですが、常に世界にはこの手の需要はあるんでしょうね(笑

DASHの特長としては取引の時間短縮があります。

ビットコインの場合、取引に10分程度の時間を要しますが、DASHを利用すると約1秒と言う圧倒的な速さで取引が完了します。

仮想通貨の取引きにおいて、手数料や送金スピードは非常に重要なので、そういった面でも今後注目を集めていきそうですね。

 

 

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨基礎知識

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.