仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨ICO情報

仮想通貨UnizonのICOを解説!保険プラットフォームに改革を起こす超有望トークンUZNとは?

投稿日:

仮想通貨UnizonのICOのプレセールへの事前登録が3月1日から始まりました。

事前登録をしておくだけでエアドロップといって無料で40UZNトークンがもらえるのでまずは登録だけでもしておきたいところですね。ただでトークンがもらえる、ということでもちろん私も登録しました(笑

Sponsored Links

もらえるものはもらっておかないと損ですもんね・・・。特に最近の仮想通貨に関しては無料でもらったものがあとあと何十倍、何百倍になる、なんてこともままある時代ですからね・・・。

ということで、無料でUnizonのUZNトークンをエアドロップをもらいたい方はこちらからどうぞ↓

 

さて、そんな仮想通貨UnizonのICOプレセールは3月15日から始まります。

どちらかというとICOって聞くだけで飛びつきたくなるタイプの私ではありますが、ICOで利益を出すためにはやはりしっかりとその仮想通貨の内容や将来性を知っておくことが必要ですよね。

ということで、今回のエントリーでは注目の仮想通貨Unizon(UZN)について調べてみたのでご紹介したいと思います!

仮想通貨Unizon(UZN)のICOの内容とは

まず簡単に説明をしてしまうと、Unizonの目的は「誰もが加入できる保険のプラットフォームを作る」ということです。

今の保険業界は大手会社が牛耳っており、莫大な利益を得ている状況なのは皆さんもご存じの通りです。

保険会社も利益を出す必要があるのですから、一概にそれが悪いことだとは言えません。

ですが、日本ではあまりないことではありますが、海外では保険会社の利益追求が激しすぎて貧困層や低所得層が保険に加入できない、というような現実があります。

日本でも外資系の保険会社はノルマがきつく、営業の社員が長続きしない、なんて話を聞いたことありませんか?

それくらい海外企業は利益追求の姿勢が強いので、その分保険料も高騰しがちとなり、結果として本当に保険が必要な弱者層が加入できない、という問題点がありました。

しかし、もともと保険というのは個人同士が支え合うために相互扶助の精神で立ち上げたものです。

だからこそ、誰もが加入できるような保険のプラットフォームを作ろうよ!

これがUnizonの理念となります。

UnizonのICOプロジェクトの仕組み

では、どうやったら誰もが加入できるような保険のプラットフォームを作ることができるのでしょうか?

Unizonは保険にかかる手数料を大幅に下げるプラットフォームを提供する

先ほどもお話ししたように、私たちが加入している保険には多くの手数料が課せられています。

こちらも先ほども言いましたが、

これは保険会社自体が保証を提供する上でも、保険会社として利益を出し続け存続していく上でも必要な経費なのは確かです。

ですが、Unizonのプラットフォームではこういった保険会社が間に介入することなく保険を提供するエスクロープラットフォームとして機能していくことを目指しています。

エスクローとは第三者が間に介在することなくサービスを提供することを言います。

そうすることで無駄な手数料が省かれるので、保険料自体を劇的に下げることができる、ということです。

そして、仮想通貨の代名詞ともいえる、ブロックチェーン技術を活用することで、透明性のある資金管理、承認、支払い請求をスマートに実行していく、というものです。

どうでしょう。とても素晴らしい仕組みであると同時に、実現性も高い気がしませんか?

Sponsored Links

Unizonの保険プランはユーザーによって作られる

ここも新しいと思うところなのですが、Unizonでは保険のプランはUnizon自身は提供しません。

Unizonはエスクロープラットフォームを提供するのであって、保険自体はユーザーによって作られるのです。

それによってさまざまな要望に応えることができるプランを作ることができますし、もし自分が「こんな保険あったら良いのにな・・・」なんて思うものがあったとしたら、きっとそれは他の方も求めているものですから作って提供する、ということも可能になるんです。

しかも、保険プランを作った方は保険加入者が増えれば報酬を得ることもできます。

面白い仕組みですよね。

仮想通貨Unizon(UZN)のICOスケジュール

さて、そんなUnizonのICOスケジュールをお伝えします。

なかなか有望そうなICOなだけに参加したい!という方も多いのではないでしょうか。

ICOに参加してUZNトークンを購入するにはICOのプレセールへの事前登録が必要となります。

とはいえ、事前登録したからといって絶対にUZNトークンを購入しないといけない!というわけでは全くないので、気軽に登録しておくといいのではないでしょうか。

また、事前登録をしておくことで、例えあなたがUZNトークンをプレセールで購入しなかったとしても40UZNトークンを無料でゲットできてしまいます。40UZNトークンは約8ドル程度の価値です。

無料で8ドル分のトークンがゲットできる上に、上場後の値上がりなどを考慮したらその価値はかなりのものになる可能性もあります。

ぜひ登録しておきたいところです。

ということで、事前登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨Unizon(UZN)のICOへの事前登録をする

実際のトークンセールは上のバナーにもある通り、3月15日の18時からスタートとなります。

これまたバナーに書いてありますが最初期のトークンセールに参加することで、100%ボーナスがゲットできます。

これはどういうことかというと、

トークンセールで20万円分のUZNトークンを購入したとすると、さらに20万円分のボーナストークンがゲットできる!ということです。

この100%ボーナスは3月15日からの「アーリーバードステージ」限定でのボーナスになりますし、その後のステージで購入した場合にはボーナス分は減っていきますので早めに手にするほどお得、ということになります。

トークンセールは3月15日からのアーリーバードステージ、5月15日からのミドルステージ、7月15日からのファイナルステージと3つありますが、当然同じ額を投資するにしても早めに参加した方がお得なのは間違いないので、とりあえず事前登録は必須みたいですね。

 

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨ICO情報

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.