仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

未分類

仮想通貨のICOとはいったい何?ICOで仮想通貨を購入する方法や発行手順を解説

投稿日:

仮想通貨投資をやっている方にとってICOという言葉は最近よく聞く言葉になってきていますよね。

でも、正直ICOって何?って方は多いと思います。

Sponsored Links

なんとなく儲かりそうなイメージのありそうな言葉だけど、それと同時に怪しいモノな気もする・・・。

こんな方は多いのではないでしょうか?

確かに世の中に怪しいICOはたくさんあります。ですが、本来の意味でいえば、ICOは非常に有効で素晴らしい資金調達の手段の1つです。

企業にとっては資金調達は経営存続に向けての命綱です。

ただ、政府のマイナス金利の影響か、企業向けの銀行の貸し渋りが多くなってきている現在、中小企業に関しては非常につらい状況となっています。

そこで今回、次の資金調達方法としてICOというものについて解説していきたいと思います。

ICOは使い方によっては中小企業にとって非常に大きなチャンスとなりえる資金調達法で投資家にとってもメリットがある資金調達手法なんですよ!

知識をつけて、正しいICO投資を行っていきましょう!

ICOとはいったい何?

ICOとはイニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開の略語となります。

起業や事業プロジェクトが資金を調達したいときに使う、株とは違う資金調達方法です。株式会社の場合は株式を発行して資金を調達するわけですが、ICOでは株式の代わりに仮想通貨を発行してそれを一般の投資家に販売することで得たお金を企業の運転資金として利用する手段となります。

株式会社で上場するのは非常に大変ですが、ICOは今は法整備がそこまで追いついていないこともあり、比較的簡単に行えるのでやりたいことがあるけど資金がなくて実行に移せない、そんな企業にとっての新規資金調達方法として注目を浴びています。

ICOのメリット

通常、企業が資金を調達するときに利用できる資金調達方法としては、銀行から借り入れをしてそれを事業資金や運転資金にする、もしくは新規に株式を発行して一般投資家に提供し、その株式の売買によって得られた資金を運転資金として使うという方法があります。

ただし、株式を公開して資金を調達する方法に関しては大手上場企業であればそれも可能ですが、中小企業の場合はそうもいきません。

中小企業の場合は株の発行をしても公開されていないのでそれを一般投資家に広く売ることが出来ません。

買ってくれたとしても知り合いや家族、社員くらいが関の山でしょう。

会社の株式を東証などの株式市場に公開する、これこそが「上場」と呼ばれるものです。

株式市場に株式を公開することをIPOといいます。

IPOはイニシャル・パブリック・オファリングの略で「新規公開株」という意味になります。

しかし、IPOを行うには非常に高いハードルが待っているんですね。

だからこそ、資金を調達したいからといって誰でもできる、というようなものではありません。

また、銀行から資金調達をするにしても希望の金額を借りられる保証もなく、借りられたとしても金利などが掛かるので返済に苦しむことになります。

そこで出てきたのがICOです。

現在の法整備の中では仮想通貨は簡単に発行することが出来て株のように配当金を支払う必要もありません。

銀行からの借り入れでもないので金利を支払う必要もありません。

つまり、ICOを利用することで、中小企業でも簡単に資金調達が出来てインターネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達が出来るわけです。

仮想通貨のため、支払い方法としてインターネットを利用して済ませることができ、投資する投資家からは小額から投資することが出来ます。

投資家から見るとインターネット上で購入したトークンやコインを簡単に販売することが出来る便利な投資方法でもあります。

また、有望なICOの仮想通貨は仮想通貨取引所などに上場すると、一気に投資家が集まってきて驚くほどの値上がりを見せることも多々あります。

ICOを行っている企業が魅力的なことをしているから、というよりは上場で得られる利益を期待して購入する方の方が多かったりするくらいです。

それだけに投資家にとってもICOは非常に魅力的な投資先となります。

ICOでの仮想通貨の発行手順

ICOでの仮想通貨を発行するまでの具体的な手順を見ていきましょう。

企業がトークンやコインを発行して、トークンやコインを個人投資家たちが購入します。

ちなみにこのトークンやコインを発行する、というのは私たちからしたらとても難しいことのように感じますよね。

ですが、実はビットコインなどのプログラムのソースは公開されており、一から作ったりすることは必要なく、ある程度の知識がある方であればそれを元に改良し、オリジナルの仮想通貨を作ることは難しくないようです。

そうやって企業が発行したトークンやコインを使って、投資家たちは企業が提供する商品やサービスを購入することができます。

これって要するにクラウドファンディングなんかと同じ仕組みですよね。

例えばアイドルとかが写真集を作りたい!といってクラウドファンディングなどで資金を調達したとします。

そこに投資をしたファンたちはその投資した金額の見返りとして、投資金額に相当する写真集やその他サービス(例えばそのアイドルに直接会って写真が撮れる、など)を受けることができる、といったものと仕組み的には同じです。

そして、ここで重要なことはその企業が発行した仮想通貨は、需要がなければその企業だけで使えるポイントなんかと同じ、つまり外の世界では無価値に近い、ということです。

ですが、取引所などに上場することで第三者も購入できるようになり、それによってその仮想通貨が貨幣としての価値を持ち始めるわけです。

そう考えるととても不思議な気がしますよね。

つまり、上場などをして人気の通貨になりそう!と思われれば投資家たちは安いうちに買いあさろうとしますし、人気が出ないな・・・と思われれば見向きもされないわけです。

Sponsored Links

だからこそ、ICOを行う企業は投資家たちに発行したトークンやコインを世間に知らせ、上場をするためにホワイトペーパーと呼ばれる目録見書、要するにその企業が行おうとしていることの展望などを書いたものを発行し、自社の魅力やサービスなどを投資家にアピールします。

そして、これまた重要なことになりますが、ホワイトペーパーは「実現が可能かどうか?」は関係ないのです。

現在の法規制の中ではそういった取り決めがないので、どんな実現不能なことであろうが書いてしまえる状況にあります。

ですから、これからICO投資を行う方はその企業が行おうとしていることがどれだけ魅力的か?を見ることも大事ですが、それ以上に「本当にそれは実現可能なのか?」というところも見ていって欲しいと思います。

そうすることでいわゆる「怪しいICO」に引っかかることも減ると思います。

とはいえ、実際には絶対実現不能でしょ・・・みたいなものであったとしても、ぼろが出る前に上場さえしてしまえば、爆発的に価格が吊り上がって利益が出たりするわけですが・・・。

そういう意味でも夢がある市場ではありますね(笑

ただ、今後はどの国もICOに関して法の整備が進んでいくことは間違いないでしょうから、どういう流れになっていくのかは注意深く見守っていく必要がありそうです。

ICOで新規の仮想通貨を購入する方法

ICOを購入するには仮想通貨取引所では購入できません。

ICOを行っている企業、もしくはICOを代行している会社のサイトに行ってから購入することが唯一のICOの購入方法となります。

また、ICOも一般公開されているものは少なく、限られた投資家だけに向けて行われているものがほとんです。

ですので、ICOに関する情報を収集することもICO投資を行う上ではとても大事になってきます。

ちなみにICOを購入するには、まずはビットコインなどの基軸となっている仮想通貨を購入しなければいけません。

何故なら、ICOで販売する仮想通貨はビットコインなどでしか買えないものがほとんど(というか全部?)だからです。

そして、ICOに投資する仮想通貨を購入したら、どのICOを購入するかを決めていきます。

ICOを購入して大きな利益を上げるには、ここでの選択で大きく変わってきます。

先ほどもいったようにICOのホワイトペーパーをじっくりと読んでから投資に値するかどうかを判断する能力が投資家には必要になります。

しっかりと「誰もが魅力的に感じるICOか?」「魅力的に見えたとしても本当に実現可能だろうか?」「取引所などへの上場は決まっているのか?」などなど情報を集めて判断しましょう。

株とは違って企業ごとに事業内容などは詳しくホワイトペーパーに記載されているので、判断は株よりもわかりやすく決められます。

投資先のICOを決めたら専用のウォレットを作ります。

あとは指定されたアドレスに仮想通貨を送金すれば、ICOトークンの購入完了です。

ICOの案件にもよりますが、購入資金としては少額から利用できるようになっていて便利であり、企業の発展にあわせてリターンも大きくなるので、わくわくしながら待つことが出来ます。

ICOトークンを購入するときによく利用されている仮想通貨には、ビットコイン・イーサリアム・ネムコインがあります。

ICOの購入法としてまとめると、交換用の仮想通貨の購入・投資先のICOの決定・ウォレットのダウンロード・指定のアドレスへ仮想通貨の送金の4つになります

これが、ICOを買うときの大きな流れとなります。

ICOとIPOでは何が違うのか

ICOはインターネット上でトークンやコインを販売して資金調達を行う方法です。

それに比べてIPOは先ほども言った通り新規株を発行して資金調達をするものです。

2つは似ているようで全く違います。

資金調達を法人や個人に依頼して投資してもらう上では意味合いは同じですが、調達方法と投資家への配当方法が変わってきます。

IPOの場合、証券市場に上場してから証券会社の助けを借りて株式を発行し、購入者を待つことになります

そのときの手続きとして事業計画書など様々な書類を作成しなければいけません。

株式を発行するまでにも膨大な資料と膨大な費用が必要になります。

その前に株式を上場するまでの会社の経営状況も右肩上がりでなければ上場できません。

上場するまでの準備期間も時間が必要になり、すぐにでも資金調達をしたい場合に株式を上場するのを待ってから行うというタイムロスが発生します。

つまり、IPOは何度も言いますが非常にハードルが高いわけです。

その点ICOでは、準備段階での作業は簡素化されていて非常に簡単に行うことが出来ます。

仮想通貨の発行自体も実際は誰でもできるレベルといえるでしょう。

ということは、資金調達を行う上でコストの削減を行うことも出来ます。

ICOの場合は、ハイリスクハイリターンとなり投資としての旨味は株とは比較できるものではありませんが、リスクの面での法整備がまだ追いついていないことが不安材料でもあります。

投資家は自己責任で行わなければいけない点があり、まだまだ本格的な普及には時間が必要なのはわかります。

ただし、ICOには投資家と企業側のどちらにも大きなメリットがあり、今後もっと発展していく資金調達法であり投資法の1つになることは間違いないのではないでしょう。

ICO投資を行うのであれば余剰資金で半年、一年は寝かせておく、くらいの気持ちで取り組む方が良いですね。

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-未分類

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.