仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨コイン情報

ADAコインとはどんな仮想通貨? 価格上昇の可能性と将来性について

投稿日:

 

Sponsored Links

仮想通貨は全部で1500種類以上存在するとも言われていますが、その中でも今注目されているADAコイン。

その人気の秘密、そして価格が今後どの程度上昇するか興味がわいてきませんか?

 

そもそもADAコインは他の仮想通貨と比較して、どのような特徴の違いがあるのか?

また、ADAコインの発行枚数や時価総額、将来性について徹底検証します。

 

ADAコインについて最低限理解しておきたい基礎知識11選

ADAコインとは「エイダコイン」と読みます。

ビットコインやイーサリアム、リップル、ビットコインなどの仮想通貨と比較すると、正直のところ知名度はいまひとつといった感あります。

ですが、実はこのADAコインはその他の仮想通貨と比較しても将来性が高いとの見方もあります。

ADAコインへの投資で億り人を目指す人もいるとかいないとか、すでに億り人も出てきているとか、なにやら気になる噂を目に耳にすることもあります。

そもそもADAコインっていったいどんな特徴があるのか、たっぷりとお伝えしましょう。

ADAコインとはどんな仮想通貨なの?

ADAコインが他のアルトコインと異なる特徴として、カルダノ(CARDANO)と呼ばれるネット上のカジノ専用サイトで用いられる仮想通貨として開発されたことです。

そのため、ADAコインのロゴマークには「CARDANO」の文字がハッキリと記されています。

ADAコインの通貨単位はADAで、取引承認システムにはウロポロス(PoS)が採用されており、時価総額ランキングではすでに5~6位となっています。

2018年3月の時点で時価総額ランキングのトップはビットコイン、2位以下はイーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインなどが占めています。

その中にADAコインが食い込み、上位にランクインしたのですが、なぜ急速にADAコインの人気が急上昇しているのか、なにやら気になる存在ですね。

ADAコインは誰が開発した仮想通貨なの?

ADAコインは、ビットコインに次いで時価総額2位のイーサリアムの元CEOであるチャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたと言われており、ブロックチェーンP2Pと呼ばれるテクノロジーが採用された仮想通貨です。

チャールズ・ホスキンソン氏は、天才数学者とも言われており、イーサリアム以外ではビットシェアーズと呼ばれる仮想通貨の開発にも携わってきました。

ADAコインが他の仮想通貨と特徴が大きく異なる点は、スマートコントラクト機能が備わっていることです。

スマートコントラクト機能を簡単にいうと、ビットコインなどに使われているブロックチェーン技術と違い、各種契約をその名の通りスマートに締結する機能のことです。

この機能により、様々な手続きや契約などの無駄な作業が削ることができ、その結果大きく人件費などを削ることができます。

結果として手数料などをとても安くしたりすることもできるんですね。

ADAコインとICO投資との関係が気になる!

仮想通貨で資産運用・資産形成をするための手段として、ビットコインやイーサリアムなどお気に入りの仮想通貨を選んで価格が安い時に買って高く成った時に売る、つまりトレードによるキャピタルゲインを狙う方法が主流です。

しかし、売買取引の経験豊富な投資家ならICO投資をする人もいます。

ADAコインとICO投資との関係を見ると、あのイーサリアムをも超える投資額と言われており、ADAコインによるICO投資は日本国内の個人投資家にもとりわけ人気が高く、ICO案件が公開されるやいなやすぐに完売するほどの人気ぶりです。

ICO投資は小さな投資額で大きな利益を得ることが可能という、非常に魅力的な投資手法といえます。

ICO投資に関してはこちらのエントリーで詳しく説明しているので興味がある方は一度ご覧になってください。

仮想通貨のICOとはいったい何?ICOで仮想通貨を購入する方法や発行手順を解説

仮想通貨投資をやっている方にとってICOという言葉は最近よく聞く言葉になってきていますよね。 でも、正直ICOって何?って方は多いと思います。 Sponsored Links なんとなく儲かりそうなイ ...

続きを見る

 

ADAコインの価格が下降しにくい要因とは?

ビットコインやイーサリアムは数多い仮想通貨の中でもトップを争うほどであり、日本円や米ドルなどの法定通貨のように政治やテロ、経済的な要因で価格が大きく変動することはまず考えられません。

ただし、取引所でのトラブルなどさまざまな要因で価格が急落する可能性もあれば、仮想通貨自体の価値が急速に高まり、急高騰する可能性もあります。

数多い仮想通貨の中でも、ADAコインは価格が急落、下降しにくいと言われていますが、それはどのような理由が考えられるのでしょうか。

その理由として考えられているのが、他の仮想通貨と比較するとADAコインはセキュリティがしっかりしているとか、もともと価格が安いため、大幅に値下がりする可能性が低いなど、いくつかの理由が考えられます。

また、ADAコイン自体の将来性に期待している人が多いので、多少の相場の下落などがあったとしても今後の上昇に期待して動じずに保持している方が多いというのもあるでしょう。

たった1種類の仮想通貨が取引所のトラブルなどで一時的に売買取引ができなくなると、それ以外の仮想通貨の取引にも影響して、どの通貨も価格が下がる傾向があります。

事実、コインチェック騒動では各種通貨に大きな影響を及ぼしましたよね。

ですが、このADAコインに関しては、ほとんどそのような影響を受けることもなく、そういったところから、将来性が高い仮想通貨として注目されるようです。

ADAコインの名前の由来について

ADAコインは、19世紀に活躍したプログラマーであるエイダ・ラブレス氏の名に由来すると言われていますが、エイダ・ラブレス氏がどのような人物か知らない人も多いので簡単にご紹介しましょう。

エイダ・ラブレス氏は世界で初めてのプログラマーと言われています。

プログラマーと言えば理数系に強く頭の回転のキレが良い男性をイメージするかもしれませんが、実はこの方は女性で、もともとは貴族という変わった経歴の持ち主です。

エイダの名が使われたプログラミング言語が20世紀後半に開発・作成されており、現在プログラマーの仕事に携わる人ならADAコインの名の由来についてはすぐにピンとくるはず、それくらい有名な人物です。

そのような人物の名前を由来にするくらいプログラミングに関して自信がある通貨なのかもしれませんね。

ADAコインとカルダノ(CARDANO)との気になる関係と発行枚数について

ADAコインは最初にも言った通り、オンラインカジノのカルダノで使われています。

そういったこともあり、ADAコインのロゴマークにはCARDANOの文字が記されており、カルダノ財団の基軸となる仮想通貨です。

ADAコインの発行上限枚数は450億ADAとなっており、時価総額・取引量も高く、イーサリアムやビットコインにはない魅力もたくさんあります。

これまでに流通されたADAコインの枚数は約320億ADAとなっており、本来は発行上限枚数が630億ADAになるはずとも言われていましたが、なぜ450億ADAにまで減らしたのか、その理由はよくわかっていません。

ADAコインはどこの取引所で購入できるの?

ビットコインやイーサリアム、リップルやライトコインもそれなりに魅力的だけど、複数の仮想通貨で分散投資するならぜひADAコインで取引したいと考える投資家も増えているようです。

それでは、ADAコインはどの取引所で取り扱われているのか知っておきたいですよね。

残念ながら2018年3月時点において、日本国内の大手の取引所でもADAコインは未だに取り扱われていないのが不思議なくらいです。

海外の大手の取引所ではビットレックス(Bittrex)がADAコインを取り扱っており、公開されて以来価格が急上昇して40倍もの値上がり率とも言われるほどです。

Sponsored Links

これで一気にADAコインの知名度が上がり、海外の他の取引所でも近いうちにADAコインの取扱いがスタートするのではとの見方もあります。

日本国内でも1日も早くADAコインで取引したいと心待ちにしている個人投資家もいるので、ぜひ取り扱ってほしいですね。

日本国内でも某有名起業家の方が日本人向けに販売していたこともあり、ADAコインに投資をして大きく利益を出した方は相当な数いると思われます。

それだけにADAコインは日本の取引所では取引できないにも関わらず、知名度は非常に高くなっています。

ADAコインはこのような方に向いている

ADAコインが他の仮想通貨と大きく異なる点は、単にスマートコントラクトによるテクノロジーが用いられたことだけではなく、カルダノのオンラインカジノで通貨として用いられていることにあります。

ですので、カルダノのオンラインカジノを楽しみたい人にとっては、必須の仮想通貨になることは間違いないでしょう。

やはり、オンラインカジノ上であるとはいえ、しっかりと使われているということは通貨の流動性を高める上で非常に重要ですからね。

多くの方が使うことで流動性が上がり、その結果として多くの方が欲しいと思い価格が上がっていくわけです。

現状の仮想通貨では投機対象として見られていたとしても、実際にその仮想通貨を決済に使うことはない、というものも多数あります。

それに比べたら実際に多くの人に使われている、というのは大きなプラス要素なのではないかと思います。

また、すでに仮想通貨での売買取引や送金を頻繁にする人にとっては、スケーラビリティ(機能の拡張性)の問題点について解消してほしいと不満を抱く人もいるかとは思います。

その点、ADAコインはこのような問題をクリアしており、とくに送金処理速度が速いことでは他の仮想通貨にもひけをとりません。

さきほどもお伝えしたように、ADAコインのスマートコントラクト採用により、不正行為の防止に力を入れており、安全性の向上により、安心感が得られると思います。

もうひとつつけ加えておくと、他の仮想通貨で入出金する際に口座や個人情報について登録する必要がありますが、このADAコインでのとくに個人情報を入力・登録する必要はないので、面倒な手間が省ける上に固辞情報が外部に漏れる心配がないというところでは、安心材料のひとつになるのではないでしょうか。

ADAコインの将来性が気になる!

現在、海外の取引所がADAコインを取り扱っていますが、残念ながら日本国内の取引所ではほとんど扱われておらず、ADAコインという名前はなんとなく聞いたことがあっても、どこか謎めいた存在であり、ミステリアスな雰囲気さえ感じられるようです。

しかし、すでに日本国内の個人投資家もADAコインに注目していて、将来性が高いのではとの見方も強まりつつあります。

そもそもこのADAコインの通貨としての価値は、この通貨に投資をする人が増えることによって、より一層価値が高まるわけです。

リップルやイーサリアム、ビットコインなどの仮想通貨とは異なる特徴を持ち、カルダノ(CARDANO)の基軸通貨、それがADAコインの最大の特徴であり、最大のメリットでもあるわけですから、オンラインカジノやゲームを楽しむ人にとっては、ADAコインは必須の存在です。

オンラインカジノやゲームをする人がこれから先どんどん増えてくれば、ADAコインの所有者が増えるので、ADAコインのニーズがさらに高まることでしょう。

極端に言えば、ADAコインを所有していてオンラインゲームを楽しむことによって、利益が得られると言っても良いでしょう。

ADAコインを所有していてオンラインゲームに参加する人はもちろん、とくにプレイをしなくても、ある程度のADAコインを持っていればこれを得ることができる、そんなうれしいおまけがついてくるのもADAコインならではの魅力ですね。

厳密に言えば、ADAコインを保有することによってキャピタルゲインが得られるわけですが、実際にADAコインでの取引で売却益が得られたとしても、確定申告を行う際に現時点では雑所得になります。

とはいえ、現状ADAコインに興味を持っている方はオンラインカジノに興味がある、という方はごくごく一部でほとんどの方は値上がり益を狙っている投資家の方々だとは思いますが(笑)

ADAコインが日本国内の取引所に上場する可能性は?

オンラインゲームが好きな人にとっては、ADAコインは魅力的な仮想通貨であり、日本国内の取引所でも1日も早く上場してほしいと願うばかりです。

現在、ADAコインが上場された取引所は海外の大規模な取引所・Bittrexなどですが、近いうちに他の取引所でも取り扱われるという話も進んでいるようです。

ADAコインが日本国内の取引所に上場するのはまだまだ先の話になりそうですが、海外の取引所と比較すると日本国内の取引所では、取り扱う仮想通貨の種類がまだまだ少なくて、海外の取引所とは比べものにもなりません。

これはBinanceなどの海外大手の取引所を実際にのぞいてみるとよく分かります。

Binanceでは100種類以上の仮想通貨が取引できるのに対して、日本では10種類にも満たない取引所がほとんどですからね。

本格的に様々な仮想通貨に投資をしたいと考えているなら、海外取引所への登録は必須といえるでしょう。

しかし、ADAコインを時価総額で比較するとすでに10位内にランクインしているので、今後も世界中にユーザー数が急激に増えてくればADAコインが日本国内の取引所にも上場される日も近いのではないでしょうか。

カルダノ(CADANO)のロードマップの更新とADAコインとの関係について

ADAコインが海外の取引所で取り扱われるようになってからまだ月日も浅いものの、時価総額ランキングでは日に日に上位に食い込んでおり、近いうちに上位10位内にランクインしそうな勢いですね。

カルダノ(CARDANO)がロードマップを更新しましたが、その内容についてはどのような感じなのでしょうか。

ロードマップの意味は2通りで、もともとは道路地図を意味する英語ですが、もうひとつには進行計画の案、行程表、目標の管理、今後の予定、予想といった意味があります。

仮想通貨においてはロードマップというのは主に進行表、今後の計画といった意味です。

カルダノのロードマップにはいくつかの項目がありますが、その中でとくに注目すべきところは、カルダノのデビットカードを活用することによって、仮想通貨のADAコインを使えるようになるということです。

デビットカードが使えるお店はたくさんありますから、ADAコインをデビットカードにチャージしておけば、いつでもどこでも手軽にショッピングやグルメ料金の支払いなどに活用できるということですね。

これは様々な仮想通貨において取り組まれている取り組みではありますが、やはり時価総額上位のADAコインでもしっかりと対応していくようですね。

これまで他の仮想通貨と比較するとどこかマイナーなイメージだったADAコインですが、これを機に一挙に人気がブレイクしてメジャーな存在になっていくのではという予感がしますね。

まだまだ日本国内ではADAコインの知名度は低いですが、より身近な存在になっていくきっかけになれるのではと希望を持たせてくれます。

仮想通貨ADAコインまとめ

これまでADAコインの特徴や将来性などについてお伝えきましたが、いかがでしょうか。

中にはADAコインは草コインだと認識する人もいるかもしれませんが、2018年2月の時点ですでに時価総額ランキングの5位にランクインするなど、その成長ぶりにはめざましいものが感じられます。

ADAコインは草コインでもなければ、信頼性が低いアルトコインでもありません。

現時点では、海外の取引所でもこれを取り扱うところが少なく、日本国内ではまだ取り扱われていないようです。

だからこそ、余計に興味がそそられてきますし、とくにオンラインカジノやゲームが好きな人にとっては、なんとも魅力的な仮想通貨であり、他のアルトコインではADAコインのような特徴を持ち合わせた通貨がまだないので、気になる存在です。

 

 

 

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨コイン情報

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.