仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨コイン情報

Populousってどんな仮想通貨?新しい世代の金融市場を構築するためのプラットフォーム

投稿日:

皆さんは、Populousという仮想通貨のことをご存知でしょうか?

Populousは将来性の高い仮想通貨と専門家から評価される一方、一般の方向けにはちょっと分かりにくい通貨と思われているようです。

Sponsored Links

そこでここではPopulousについて一般の方向けに分かりやすく解説していこうと思います。

仮想通貨Populousの基本情報について

Populousは2017年の4月に公開されたばかりの新しい仮想通貨で、

新しい世代の金融市場を構築するためのプラットフォームとしての側面も持っています。

Populousは基本的にはイーサリアムをベースにしているのですが、そのプラットフォームとしての独自性が各所から注目されているんですね。

分かりやすくまとめると

Populousでは資金を確保したい人が請求書をオークション形式で売り出し、投資する側がそれを購入するという取引が行われています。

ちなみにPopulousの現時点での時価総額ですが、全仮想通貨中大体20番代前半ぐらいに位置しています。

しかし約3ヶ月ぐらいの間で60倍ぐらいに価格が高騰したこともありますので、これからも価格上昇が期待出来る成長株と言えると思います。

仮想通貨Populousの特徴はどのようなもの?

繰り返しになりますがPopulusは単に通貨というだけでなく次世代の金融プラットフォームと言えると思います。

先ほど資金を確保したい人が請求書をオークション形式で売り出すと書きましたが、この資金調達とは売掛金担保融資=インボイスファイナンスのことで、Populousは言ってみれば手軽にインボイスファイナンスを行うためのプラットフォームということになるんです。

今度はインボイスファイナンスについてもう少し詳しくご説明しますと、インボイスファイナンスとは「まだ回収していない売掛金を担保にして融資を受ける方法」で主に中小規模の企業が資金調達する時に使われる資金調達方法なんですね。ただこのインボイスファイナンスは信頼が重要になりますし且つ、時間もかかるというので簡単には出来ないものだったんです。それを簡単に出来るようにしたのがこのPopulusということなんですね。

まず何と言ってもPopulousなら投資してくれる人を必死になって探す必要がありません!

Sponsored Links

借り手はPopulousを使って請求書を出品、投資する側が金利を設定して入札というシンプル極まりないシステムになっていますから。ちなみにこれを可能にしている技術がスマートコントラクトという技術です。スマートコントラクトはイーサリアムで初めて実装された技術で、イーサリアムをベースに開発されているPopulousにも当然実装されています。このスマートコントラクトのおかげでPopulousなら全く仲介料ゼロ円で取引を進めることが出来ますし、送金自体も10数秒で出来てしまうんですね。

またPopulousの通貨単位Pokenはいわゆるペック通貨と呼ばれるものです。このペック通貨というのは法定通貨と同じ価値になりますので、取引する国の通貨と同じ価格での取引になります。(アメリカだったら100Poken=100ドルということ)従ってお金を出金する時にはPokenをそのまま法定通貨に換金することも簡単に出来ますし、それ以外の仮想通貨に変えることも可能です。

加えてPopulousはオークション形式が採用されていますので市場原理が正しく機能し、価格が適切なものになる所も高く評価されています。

もちろんこのオークション形式は企業側だけでなく投資する側にも利点があります。金融業者の調査情報で投資先を判断するのではなく、自分が信頼出来ると判断した企業に直接投資が出来るという点ですね。

仮想通貨Populousを取り扱っている日本及び海外の取引所はどこ?

残念ながら現時点でPopulousを取り扱っている日本の取引所はありません。従ってPopulousの取引は海外の取引所を通して行う必要があります。

まず最初におすすめしたいのは中国の大手取引所、バイナンス(Binance)です。

バイナンスの最大の特徴はとにかく0.1%と手数料が安いという点ですね。またバイナンスは取り扱っている仮想通貨が70種類を超えているという点も魅力的です。余談ですが、この70種類の中には最近赤丸急上昇の通貨も沢山あるので、バイナンスに上場している通貨は常にチェックするようにした方が良いと思います。加えてバイナンスではバイナンス独自のコインが使えます。ちなみにそのコインを使って手数料を支払うと最大0.05%まで手数料を抑えることも出来ます。

次におすすめなのが香港の取引所でKucoinという取引所です。

ここの取引所はバイナンスと同じ系統なので機能もほぼ同じ。つまりバイナンスで出来ることはKucoinで出来ると考えて間違いありません。またバイナンスと同じくKucoinも独自のコインが使えて、そのコインを持っている量に応じて配当金がもらえるシステムになっています。

基本的にはPopulousの取引にはこの2つの取引所がおすすめなのですが、穴場的な意味でイーサデルタ(Etherdelta)という取引所もアリだと思います。

このイーサデルタはちょっと変わっていてイーサリアムに使われているブロックチェーンが使われた分散型の取引所なんですね。プレ公開したばかりの通貨も取り扱っているので実は何かと便利な取引所なんです。

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨コイン情報

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.