仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨コイン情報

仮想通貨の Siacoin?空き容量をストレージとして貸し出すことで手に入る仮想通貨

投稿日:

 

さぁ、今回はちょっと特殊な立ち位置の仮想通貨Siacoinのご紹介です。

近年の日本だと知名度がいまいち低い現状ですが、Siacoinについて知れば知るほどストレージに関する考え方が変わってしまうこと間違いなしです!そんな無限の可能性を秘めた仮想通貨siacoinについて解説していこうと思いますのでどうかお付き合いください。

Sponsored Links

仮想通貨Siacoinの基本情報について

2015年に公開された仮想通貨Siacoinは我々のパソコンの空き容量を分散型ストレージとして活用することを目的に開発されました。

具体的には我々がパソコンの空き容量分をストレージとして貸し出すと、その分の対価としてSiacoinが払われるという仕組みになっています。そもそもSiacoinのような仮想通貨が誕生した背景には、企業が抱えるデータ量が膨大になったことで保存するためのストレージが慢性的に不足しているという問題があるようです。

また、Siacoinなら今までのストレージサービスの問題点をクリア出来る可能性があるとも言われています。単純に今のクラウド・ストレージサービスの問題点は大きく分けて2つあると言われています。

まず1つ目はサーバーの管理にコストがかかり過ぎるという問題です。

Dropboxでもgoogleドライブでもストレージサービスを行っている企業は巨大なデータセンターを保有しています。世界中から集まるデータをその巨大なデータセンターで一律管理しています。よって、その巨大なデータセンターを維持する費用、ハッカーからの攻撃に備えるためのセキュリティー強化費用と色々とコストがかかってしまいます。

次に2つ目の問題として、情報漏洩の可能性があることが上げられます。管理する側の企業なら我々が預けたデータを簡単に見ることが出来るので、仮に政府から依頼されれば政府に我々の預けたデータが提供されることになります。これはストレージサービス契約時に「データは企業側が利用出来る」という規約にこちらはサインをしているので、避けられない問題になります。

そこでSiacoinの登場です!Siacoinは分散型クラウドサービス、そもそも管理するために巨大なデータセンターを必要としません。加えて分散型クラウドではファイルが分割され且つ、暗号化されているので第3者がデータを覗くことが出来ません。

今各所からSiacoinが注目されているのは多くの企業がこの分散型クラウドサービスの可能性に気づき始めたからだと言われています。

仮想通貨Siacoinの特徴は?

繰り返しになりますが、siacoinを選ぶ方の理由の筆頭は秘匿性の高さを求めているからだと思います。

データは分散されている上に暗号化されていますから外部に情報が漏れることはまず考えられません。

次にsiacoinの分散型ストレージは使用量が格安のようです。

Sponsored Links

通常のクラウドサービスと比較すると利用にかかる料金は10分の1程度、例えば5TBのクラウドを利用するのであれば月々2000円以下で済んでしまいます。

それともう1つ!オープンソースであるという点もSiacoinの大きな特徴であると思います。

オープンソースというのは具体的にどういうことかというと、Siacoinはプログラム言語が公開されており、誰でもそのプログラムをコピーしたり部分修正して再配布したりすることが可能な状態になっているということです。そのため、誰でもSiacoinの開発に参入することができ、開発に参加することで収入を得ることも可能ということになります。

最後に手軽なレンタルビジネスにもなるという点も注目です。

企業に余っているストレージを貸し出すことも出来ますし、ブロックチェーンの生成に伴うマイニング収入も期待出来ます。

仮想通貨Siacoinを取り扱っている取引所

残念ながら現時点でSiacoinを取り扱っている日本の取引所は1つもありません。よってSiacoinの取引には海外の取引所を利用することになります。

Siacoinを海外の取引所を使って取引するならビットレックス(Bittrex)が1番おすすめです。

現時点でSiacoin取引量世界ナンバーワンがここの取引所ですからね。安心感は高いですが、ビットレックスは手数料が割高ですのでその点はご了承ください…。

次にオススメなのがイギリスのヒットビーティーシー(HitBTC)です。

ビットレックス対してヒットビーティーシーは手数料が安いことがポイントです。しかし残念ながらこの取引所はSiacoinの取引量自体が少ないです。とはいえヒットビーティーシーにはmakerにインセンティブとして報酬が支払われるシステムがありますし、プレ公開の時点での取引も可能ですので何かと使い勝手が良いです。

そして最後におすすめするのがUpbit(アップビット)という韓国の取引所です。

ちなみに運営しているのはカカオトークの運営と同じ会社です。ここの取引所は口座開設までが少し面倒ということ、ホームページが韓国語のみというネックがあるのですが、Siacoinの取引高自体はとても高いです。そのため、多少韓国語が分かるという方にオススメの取引所ということになります。

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨コイン情報

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.