仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大事典

リップル1万円分プレゼント

仮想通貨の種類

仮想通貨の Byetcoinって?投機先としておすすめしたい仮想通貨

投稿日:

さて今回はCryptonightという技術が採用された仮想通貨として話題を集めているBytecoiをご紹介したいと思います!

匿名性という点で優れているモネロという仮想通貨がありますが、モネロはBytecoinをベースに開発されています。

Sponsored Links

ここではそんなBytecoinについて色々とお話していこうと思います。

仮想通貨Bytecoinの基本情報について

 

Bytecoinは2012年に公開されており、仮想通貨の世界では超古株といえます。

ただその割にはそれほど知名度が高くない仮想通貨ですので、皆さんの中には投資先としてはどうなんだろう?と思われる方が多いはずです。先述した通りBytecoinをベースに開発されたモネロの方が実用的にも価値的にも上ですし、Bytecoinは開発状況が停滞している実情があります。仮想通貨としての価値を求めるのは難しいかもしれません。

しかし、仮想通貨としての実用性はなくても投機先としてはBytecoinは優れている!と筆者は感じています。

ではそれはなぜか?

まず現時点ではそれほど値が高くない=安く購入出来るという点が一つの理由です。

また、同タイプの匿名性が高い仮想通貨モネロ、DASHに投資している方ならサブの立ち位置で投機先として使えるからです。今までの投稿でご説明したように、匿名性に優れている仮想通貨は確かに頼もしいですがその反面、技術的な問題を抱え込みやすいという特徴があります。後進の匿名性重視の仮想通貨に問題が起こった時に、安定した老舗が良いということでBytecoinの価値が上がっていく可能性はまだまだ十分にあります。

仮想通貨Bytecoinの特徴って?

第一の特徴として、リング署名とワンタイムキーという技術が使われている点が上げられます。

※リング署名  …複数の人をトランザクション(取引情報)の署名に関わらせることで、

         誰が実際に署名したのか外部には分からなくさせるための技術。

※ワンタイムキー…こちらのアドレスと相手の公開鍵から1回限りのトランザクションを作る技術。

ワンタイムキーを使うことで受けて側だけが取引で送金された金額などの隠された情報を知ることが出来るようになります。

この送信した人間の身元を隠せる技術のおかげでBytecoinは高い匿名性を実現したのです。

加えてマイニングが分散型で且つ楽に出来るという点もBytecoinの大きな特徴です。

例えばビットコインでマイニングを行う場合、計算処理能力がすば抜けて高い超高性能のパソコンが必要になるので個人でマイニングを行うのはほぼ不可能と言えます。

Sponsored Links

それに対してBytecoinは一般の方が使用するレベルのスペックでもマイニング処理を行うことが可能ですので個人で参加することも出来ます。そして分散型でマイニングが行われていますので、ハッキングなどの攻撃も受けにくくなると言われています。

最後にとても大事なポイント!です。

取引時のブロックの生成にかかる時間が短いため手数料が無料になるという点を挙げさせて頂きます。

ブロックというのは取引が行われる時に作られる取引台帳みたいなものですが、この生成時間が遅ければ遅いほど取引の決済にかかる時間も長くなり、その分の手数料を取られてしまうことになります。その問題を解決するためBytecoinはこのブロックの生成にかかる時間を120秒に短縮させたわけなんです。この120秒というのは圧倒的な速度で、ビットコインと比較するとおよそ5分の1程です。このおかげでBytecoinは普通のショッピングにも利用出来るようになり、実用的な使い方ができるようになりました。

Bytecoinを取り扱っている取引所はどこ?

残念ながら現時点でBytecoinを取り扱っている日本国内の取引所はありません。

従ってbytecoinを取引する場合は海外の取引所を利用して取引することになります。

ただBytecoinは取り扱っている取引所自体が少なく、かなり限定されます。

そんな中でおすすめの取引所をあげるとするならまず、アメリカの取引所ポロニエックス(Poloniex)は外せないでしょう。

取引している仮想通貨の種類自体は60ぐらいとあまり多いとは言えませんが、Bytecoinを取り扱っていて且つ、手数料が手頃という点を考えるとポロニエックス一択と言わざるを得ません。

 

次におすすめなのが同じくアメリカの取引所、ビットレックス(Bittrex)ですね。

ここはポロニエックスとは比べものにならないくらい沢山の種類の仮想通貨を取り扱っている取引所で、取引の量自体も世界最高クラスと言えます。ただここの取引所は手数料が他の取引所と比べてやや割高なのが悩ましい点です。Bytecoinの取引量もそこそこあるので、手数料がちょっと高めでも大丈夫という方はこの取引所を使うのもアリだと思います。

 

最後におすすめなのはユーロ圏の代表的な仮想通貨取引所、ヒットビーティーシー(HitBTC)です

。取引量の総量ではビットレックスに劣るものの、取り扱っている仮想通貨の種類はビットトレックス並みの世界最高峰の取引所と言えるでしょう。この取引所が素晴らしいのは手数料がビットレックスの半分以下だという点です。ただBytecoinの取引量自体は少ないので、その点をどう考えるかですよね。

 

Sponsored Links

リップル1万円分プレゼント

-仮想通貨の種類

Copyright© 仮想通貨投資大事典 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.