仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

未分類

uvカット!シミ対策にはマスクや帽子?究極の紫外線対策はコレだ!

投稿日:

UVカットでシミ対策をしましょう。UVカットのマスクや帽子についてやその他のUVカットアイテムについても紹介しています。

究極の紫外線対策について考えてみました。

Sponsored Links

紫外線を沢山受ける時期に向けて、シミの対策をしたいと考えている場合、是非参考にして下さい。

部屋にも侵入する紫外線をカットするためにUVカットできるフィルムやガラスについて解説

185
部屋に侵入する紫外線をカットするためにUVカットフィルムというものがあります。

UVカットフィルムをガラスに貼ることで紫外線をカットして、お肌のシミなどを防ぐことができますが、それ以外にも色々なメリットがあります。

UVカットフィルムは、紫外線による家具やインテリアの日焼けとか退色を防ぐ効果があります。

また、窓から入る紫外線をカットするため、赤ちゃんのお昼寝も安心ですし、お肌の健康にも効果を発揮します。

紫外線によって、肌のシミやソバカスができやすくなりますし、白内障や皮膚癌なのど原因にもなります。

UVカットフィルムは衣類を扱うお店のショーウィンドウにも最適です。

日差しによって、衣料が退色してしまうと、売り物としての価値が無くなってしまいます。

そのため、衣料品のお店のショーウィンドウのガラスにUVカットフィルムを貼るというのが非常に良い方法です。

UVカットフィルムは、家具や衣類の退色劣化防止や健康のためだけに効果があるわけではありません。

他には例えば、地震が起きた時にガラスの破片が飛び散るのを防ぐ防災の役割も果たします。

地震の時に起こるケガの8割がガラス破片によるというデータもあることを考えると、UVカットフィルムは防災の観点でも非常におすすめです。

また、UVカットフィルムを貼ることでガラスが強化されるので、その結果、空き巣などの防犯対策にもなります。

照明器具から紫外線を遮断することで虫が近寄らなくなる効果もあります。

草むしりやジョギングしているときの紫外線も気になる!UVカットできる帽子やパーカーって効果ある?

191
草むしりやジョギングしている時の紫外線対策のためにUVカットを目的にした帽子やパーカーは有効なのでしょうか?

紫外線は服を着れば、防ぐことができますが、当然完全には防ぐことはできません。

紫外線は空気中で拡散して来るので、帽子とか日傘で遮れても半分くらいだと言われます。

つばが付いた帽子であれば、つばの長さをできるだけ長くすることで、紫外線を防げる率は上がります。

UVカット目的に加工された衣類もあるので、そちらのほうが紫外線対策には望ましいです。

紫外線の波長によって、3種類があります。

これをA,B,Cと表します。

衣類のUVカットの効果を大きくする要因は素材ですが、例えば綿はUVのA、Bを通してしまいますが、ポリエステルであれば、Bは通しません。

また、細かく織られた厚めの布であればあるほど、紫外線を防御する力は強いです。

以上のような内容がよく研究された上で、UVカット用の帽子やパーカーが開発されて、販売されています。

ですので、もし草むしりやジョギングをするようなアウトドアな活動をする時には、UVカット用に作られた帽子やパーカーなどを身につけることをおすすめします。

日傘 折りたたみで軽量!遮光ができる紫外線対策は?

Sponsored Links

UVカットのマスクやサングラスのメリットについて

UVカット加工されたマスク等も効果はあります。

紫外線を直射日光で浴びるのはお肌に悪影響です。

特に顔のお肌は女性にとっては、大切にしたい部分です。

ですので、できるだけ直射日光は避けた方が良いですが、マスクをしてサンバイザーをして、更にサングラスをかけて、肌が全く見えないようにするもの問題がある場合があります。

マスクにサングラスをして全身を完全にUVから防御するような格好をするのは、1人でいるなら良いでしょう。

しかし、人に面会するなど、人付き合いが必要な場面では、そういう格好はなかなかできません。

その場合は、日焼け止めクリームを塗るなどして、帽子をかぶれば、直射日光だけはある程度避けることはできます。

UVカットのマスクやサングラスのメリットは、大切な顔の皮膚を紫外線からしっかり守るという点ですが、デメリットはその格好で人を驚かせてしまうということでしょう。

uvカットを強化するならこんなアイテムもありますよ!という解説

183
UVカットをするなら様々なアイテムがあるので、チェックしておきましょう。

UVカット用のスプレーはとても便利です。

スプレーをすると通気性を保ったまま、紫外線防止や繊維の色あせ防止ができるようになります。

紫外線カット率98%もある商品もあるので、注目です。

また、UVカットのシートと呼ばれるものがありますが、これはUVカットフィルムのことを指すことが多いです。

ガラス等に貼って、UVカットしたり、ガラス飛散目的で使われることもあります。

UVカットカーテンもあります。

普通のカーテンでは紫外線カット率は30%ほどで、ミラーレースカーテンで60%遮断できます。

しかし、遮光カーテンと呼ばれるものやドレープカーテンの遮光の裏地付きのものなど強力なカーテンであれば、100%カットできてしまいます。

その他UVカットを目的につかれているカーテンであれば、基本的に90%以上のカット率になります。

実際には90%のカット率があれば、室内の蛍光灯からの紫外線量が増える程度なので、充分とも言われます。

つまり、普通のカーテンやミラーレースカーテンでなければ、充分にUVカット効果があるということです。

カーテンを取り替えるのもお金がかかるので、布用のUVカットスプレーをカーテンにかけておくのも一つの方法です。

究極の紫外線対策ということで最後に提案すると、それは以上紹介したような全てのUVカット対策を実行することです。

特に窓やカーテンへの紫外線対策は徹底しているレベルなので、究極と言えます。

夏ファッションコーディネート!レディースやメンズの着こなしオシャレ

Sponsored Links

-未分類
-, , , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.