仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

未分類

母の日 カーネーション?そもそも花を贈るのはなぜ?由来は?意味は?

投稿日:

〜〜〜母の日 カーネーション?そもそも花を贈るのはなぜ?由来は?意味は?

母の日は毎年「5月の第2日曜日」です。日頃の感謝をカーネーションにのせて贈りたいですよね!
この時期になると、お花屋さんやインターネットショップでもカーネーションの注文が殺到するため、お花が手に入りにくいということもあります。
また、いつもお花をプレゼントしていたという人でも、他のお花を贈ることで母に感謝を伝えるという方も多くなりました。

Sponsored Links

母の日=カーネーションというよりも、お花を贈って感謝の気持ちを伝えるという習慣にかわりつつあるようです。
ここでは、母の日にカーネーションを贈るのはどうしてか?由来は?といった疑問にお答えします。
いつもなんとなくカーネーションをプレゼントをしていたという方でも、由来を知れば感謝の気持ちも伝わりやすくなるでしょう。

そもそも母の日にカーネーションを贈る意味って?

259

母の日にカーネーションを贈るのは定番です。
最近ではバラやチューリップなどを贈る方も多くなりました。

それにしても、母の日にカーネーションを贈るのはどうしてでしょうか?
あなたは母の日にカーネーションを贈る意味は知っていますか?

母の日にカーネーションを贈るという習慣が始まったのは南北戦争のころです。
アンナ・ジャービスというひとりのアメリカ人の女性がきっかけとなりました。

「平和を願う活動」をしていた母が亡くなり、アンナは「すべての母親の社会貢献をたたえる日」という母親をしのぶ会を開きました。
母の好きな白いカーネーションを胸に挿して母親をしのぶアンナの姿は反響をよび、多くの人にインパクトを与えました。

これをきっかけに、アンナの姿は当時の大統領のこころを動かし、「母の日がアメリカの祝日」として制定されることになりました。
そして次第に、母を亡くした子は白いカーネーションを胸に挿し、母が健在の場合は赤いカーネーションを胸に挿すようになり、次第に母の日にはカーネーションを贈るという習慣に変わっていったのです。

どうしてカーネーションなの?

155
花には花言葉がありますが、カーネーションの花言葉は「純粋な愛情」です。
母親に贈る花としては最適ですね!また、母の日=カーネーションという習慣を作るきっかけとなったアンナの母親が好きな花がカーネーションだったからです。
昔に比べると、カーネーションだけでなく、その他の花も一緒に束ねてプレゼントすることが多くなりましたが、花言葉を気にする母親へのプレゼントには注意が必要です。

赤いカーネーションは「純粋な愛情」
白いカーネーションは「愛の拒絶」という意味も含まれています。

母親に感謝の気持ちを伝えるなら、やはり赤色のカーネーションがおすすめですね!

母の日どうする?お花やメッセージカード!父の日にも役立つ解決8選

Sponsored Links

カーネーションの色は決まりがある?

カーネーションの色を選ぶなら、母の日には赤色を選ぶのが定番ですが、その他の色にも花言葉があるのでチェックしておきましょう。

白    →「愛の拒絶」
青    →「永遠の幸福」
黄    →「軽蔑」「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
紫    →「誇り」「気品」
濃い赤  →「私の心に哀しみを」「欲望」
ピンク  →「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しいしぐさ」
オレンジ →「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」

このように、それぞれのカラーによって花言葉に違いがあります。
母の日には、白色、濃い赤色、黄色のカーネーションは避けたほうが良さそうですね!
また、カラフルにいろんな色を混ぜて花束を作りたいという方は、この色を覚えれば迷うこともありません。

プリザーブドフラワーで枯れないカーネーションを贈ろう!

257
毎年5月になると、赤いカーネーションを目にすることが多くなります。
仕事が忙しくて実家に帰れないため、インターネットを利用して遠望に住む母にカーネーションを宅配する方も多いようです。

母親が花粉症でお花を贈れないという場合には、花粉を取り除いたプリザーブドフラワーもあるので安心ですね!
このお花は、半永久的に枯れないと言われる製法で仕上げられたお花なので、水を与えわすれても心配することはありません。
湿気に弱いのが難点ですが、上手に保管すればいつまでも眺めることができます。

場所を取りたくないという几帳面な女性もいるので、その場合はカーネーションの花びらの部分をプリザーブドフラワーにしたものがおすすめです。

最後に

いかがでしたか?
ここでは、母の日にカーネーションを贈るようになった由来、色ごとに違うカーネーションの花言葉を紹介しました。
日本でも母の日にカーネーションを贈るのが習慣になっていますが、それは大正時代に入ってからです。
当時の皇后誕生日は3月6日で、この日を母の日としていましたが、戦後になると、アメリカと同じく5月の第2日曜日になりました。

最近ではカーネーションだけにこだわらず、一緒にギフトを添えて贈ることも多くなりましたが、
お花だけでなく、一緒に過ごす時間を作ることも母への感謝となるでしょう。

母の日オススメギフトはこちらを参考に
母の日花やスイーツを送料無料で贈りたい!ケーキやギフトのランキングは?

Sponsored Links

-未分類
-, , , ,

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.