仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

未分類

七夕飾り!イラストや折り紙を使った雰囲気作り!星やくす玉の作り方

投稿日:

七夕飾りを作ってみたい!というあなたに役立つ内容を書きました。
まず、七夕飾りの意味をいくつか紹介しています。
次に、七夕のイラストのお話をし、そして、七夕飾りを折り紙で作る方法について解説しました。
続いて、星の作り方の手順を簡単に紹介しています。
最後に折り紙で作るくす玉について述べています。

七夕飾りの意味って?

370
七夕には、笹の葉に願い事を書いた短冊の他に七夕飾りを吊るしますね。

Sponsored Links

そして、これらを七夕の日に燃やすことで、願いが天に届くというものです。

奈良時代には、五色の糸を納めていて、室町時代には、硯や墨や短冊に和歌を書いたものを納めていました。

短冊や七夕飾りを笹の葉につけるようになったのは、意外と新しく、江戸時代になってからです。

江戸時代には、7月6日の夜から無病息災、商売繁盛等を象徴する色紙の飾りや短冊をつるすようになりました。

この頃の時代から段々と七夕飾りが普及してきて、七夕飾りを作る職人や商売にする人も出てきました。

現在では折り紙などで七夕飾りを作ります。

子供が親と一緒に楽しみながら創作できる良い場でもあります。

それで、この七夕飾りには意味があります。

例えば、折り紙などで、ちょうちんを作って飾りますが、これは願い事を書いた短冊を明るく照らすという意味があるようです。

また、折り紙を縦に何回か追って、横に切れ目を無数に入れて開くと網のようになりますね。

この七夕飾りを「ねじりあみ」といいます。

これは、漁師が使う編みを表し、魚がたくさん採れて、作物がよく実るようにという願いが込められた意味があります。

「紙衣」というものがあります。

これは、着物のような形にした七夕飾りですが、裁縫等が上達するようにという願いを込めたものです。

子供の頃「流れ星」と呼んでいたかと思いますが、この流れ星のような飾りを「星のふきながし」といいます。

これの意味としては、織姫の織る糸に見立てたものだといいます。

他にも織姫と彦星と牛なども七夕飾りにしますね。

イラストで七夕の雰囲気作り

365
七夕飾りにイラストを描いたりすると雰囲気作りにとても良いです。

織姫、彦星のイラストは定番ですね。

また、天の川や笹のイラストを描くと良いでしょう。

イラストを自分で描くのがどうも苦手という場合もあるでしょう。

その場合は、インターネットで調べると無料の七夕のイラスト素材が出てくるので、それらを使っても良いでしょう。

有料でもありますが、無料でも良い物があるので、それらをカラーコピーして使うのも良いですし、それらを参考に自身で描いても良いですね。

七夕飾りを折り紙で作る方法

七夕飾りは折り紙で作るのが現在は一般的ですね。

子供達と一緒に一生懸命作ってできた七夕飾りは、良い思い出になります。

折り紙で作る七夕飾りは非常に沢山ありますが、代表的なものや魅力的なものをいくつか紹介します。

「あみかざり」は、は先程紹介した縦に折って切る方法のものがありますが、その他に斜めに三角形に3回折った後に切る方法があります。

Sponsored Links

「ふきながし」は、縦に5回ほど折って開き、折れ線が付いた部分を端だけ残して切り、丸めてノリで貼り付けて完成です。

「ちょうちん」は、半分に折って、折り目のある方からはば1センチくらいで垂直に切ってゆきます。

それを開いて、筒状に丸めてノリで貼れば完成です。

七夕飾りは、折って切り目を入れて作る物が多いですね。

他にも非常に沢山の七夕飾りがありますが、図解がないとなかなか説明が難しいですね。

星を折り紙で作る手順

368
七夕飾りには星がつきものです。

星を折り紙で作る手順を紹介します。

1、半分に折ります。2、半分に折った状態で、折った辺の真ん中の点と右上の角の対角線上に沿って折って、折り目をつけて、戻します。

3、更にその折り目に直角に交わる線に沿って折って、また戻します。2で折った線と3で折った線の交わる点をAとします。

4、2の半分に折った状態で、左下の角の点と点Aとが重なるように折ります。

これ以上は、図解がないと説明が難しいのですが、これ以降は、折り紙が真ん中を中心に5つに折られた状態にして行きます。

そして、外側を斜めに切って、開いたら星の形が完成します。

次に、折り紙を切らないで星を作る手順を紹介します。

1、縦に折って、横にも折って、戻して折り目をつけて戻します。2、裏返します。

3、次に斜めにも折って折り目をつけて戻します。

4、折り目に沿ってたたみます。

5、一辺が他の二辺よりも長い二等辺三角形になるので、二等辺を真ん中に合せて折って折り目をつけて戻します。

6、ここは図解がないと難しいですが、前に段折りし、裏も同じように段折りします。

7、足のようなものが4つできるので、その2つを前に折ります。

8、裏返して完成です。

くす玉を作って七夕飾りにしたい

七夕飾りにくす玉を作るのも楽しいです。

かなりいろいろな種類のくす玉があるのですが、是非自身が作ってみたいものを作って見て下さい。

折り紙のくす玉は、かなりの数の折り紙を使います。

例えば、折り紙を5枚使って一つの花を作り、その花を12個つなげ合せてくす玉にするようなものがあります。

つまりこの場合、60枚の折り紙を使うわけです。

ですので、作るのに3〜4時間くらいかかるような結構手が込んだものになります。

こうやって、折り紙の枚数を沢山使って、手間をかけて作るパターンのくす玉が多いです。

七夕の由来や歌詞についての疑問や祭りで使う飾りなどをピックアップ!

Sponsored Links

-未分類
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.