仮想通貨投資に関する知識をまとめたサイトです。入門的な内容から高度な内容まで網羅していきます。

仮想通貨投資大百科

未分類

七夕の由来や歌詞についての疑問や祭りで使う飾りなどをピックアップ!

投稿日:

七夕自体は有名ですが、詳しくはよく解らず、七夕についてなんとなくしか知らないかも知れません。
そんなあたなに、ここでは、七夕の由来等の七夕について詳しい内容を紹介しています。
七夕の由来の他に、全国の七夕祭りの開催日程について等も紹介しています。
また、折り紙で作る七夕飾りや七夕の無料イラスト素材の情報も掲載しています。
七夕の英語での表現についても解説し、七夕ゼリーのレシピを3点ほど紹介しています。
最後に、七夕の歌の歌詞の意味について解説しています。

七夕の由来

367
まず、七夕の由来を紹介します。

Sponsored Links

七夕は「しちせき」とも読みます。

毎年7月7日に、短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るして、星に願いをかけます。

日本で昔から行われている行事で、日本の重要な節句である五節句の一つでもあります。

多くの大人が子供の頃に短冊や七夕飾りを作った思い出があるのではないでしょうか?

七夕の起源には、いくつかの節がありますが、有力なのは、日本の神事「棚機」と奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠」と織姫と彦星の伝説が合わさってできたという説です。

それぞれについて簡単に紹介します。

棚機

棚機は「たなばた」と読み、日本の禊(みそぎ)行事です。

禊とは、神事等に向けて、自身の体の穢を川や滝や氷水等で清めることを言います。

棚機は、秋に神様を迎えて、豊作を祈ったり、人々の汚れを払うという意味で、乙女が着物を折って棚に供えるというものでした。

それに選ばれた女性は、川や澄んだ水辺にある機屋に入って、神様に供えるために、精魂込めて着物を織ります。

この際に使われたものが棚機であり、これに選ばれた乙女を「棚機女」と言いました。

仏教が伝来した後には、この行事が7月7日の夜にお盆を迎える準備として行われるようになりました。

七夕を当て字で「たなばた」と読んでいるのはここに由来していると言われています。

乞巧奠

中国の行事である「乞巧奠(きこうでん)」が出てきたのは、裁縫の仕事を司る織女星(琴座のベガ)に因んで、機織りや裁縫が上達するようにお祈りする風習からです。

後には、機織りや裁縫だけでなく、書道や芸事が上達するように祈る風習も加わりました。

庭の祭壇に針などを供えて、星に祈りを捧げる行事です。

織姫と彦星

牽牛星(鷲座のアルタイル)は、農業を司る星です。

牽牛星と織女星は、陰暦の7月7日に最高に光り輝き、天の川を挟んで見えるようになります。

このことから中国で、この日を1年に1度の巡りあいの日と考えられるようになり、織姫と彦星の伝説が出てきました。

織姫と彦星の七夕伝説は次の通りです。

天の川の辺りで、神様の娘である織姫が五色に光り輝く、非常に美しいはたを織っていました。織姫が織る布は、季節が変わる度に彩りも変わるというものでした。

織姫は、神様にとっても自慢の娘でしたが、はたを織ってばかりで、自分の髪や服も気にしない彼女を見て可哀想に思いました。

そこで神様は、織姫に相応しい婿を探そうと考えました。

神様は、婿を探しまわって、遂に天の川の岸辺で、牛の世話をしている彦星という若者に会いました。

非常に働き者だった彦星が気に入った神様は、織姫の婿に彦星を選びました。

織姫と彦星は出会ったら互いに一目惚れでした。

そして、その後2人は、遊んでばかりで全然仕事をしなくなってしまいました。

彦星が世話をしていた牛は、餌もやらないので、やせ細り、織姫のはた織り機はホコリまみれでした。

神様は心配して仕事をするように言いましたが、彼らはその後も相変わらず遊んでばかりでした。

織姫が布を作らないので、神様達の服はボロボロになり、彦星も働かないので、畑は草茫々で、作物も枯れて、牛も病気になりました。

怒った神様は、天の川を挟んで、彦星を東側に、織姫を西側に、引き離すことにしました。

しかし、これが逆効果でした。

2人は会うことも姿を見ることもできなくなってしまい、状況は益々悪くなりました。

織姫は毎日泣き暮らすばかりで、はたを織らず、彦星も同じく、引きこもりとなり、牛の病気も益々悪化しました。

そこで神様は、以前のように真面目に働くという条件で、1年に1度だけ2人が会うことを許すことにしました。

心を入れ替えた彦星と織姫は、1年に1度7月7日に会うことを楽しみにしながら、以前よりも真面目に働くようになりました。

そのため、前よりも美しい布ができ、牛も元気になり、畑の作物も豊かに実り、皆も大喜びでした。

七夕祭りはいつ?

375
七夕祭りは日本全国で開催されますが、有名なのが仙台七夕まつりです。

2016年に開催されるのは8月6,7,8日です。

一宮七夕まつりは、2016年は7月28,29,30,31日に開催される予定です。

茂原七夕まつりは、2015年は、7月24,25,26日に行われました。

また、茂原七夕まつりは、なんと冬にも行われます。

2016年は、2月14日のバレンタインデーに冬の七夕まつりが行われました。

次の七夕まつりは、2016年の開催期間は2016年3月10日の時点では、まだ定まっていないようです。

南ひらつか七夕まつりは、2015年は、7月3,4,5日に行われました。

安城七夕まつりは、2015年は、8月7,8,9日に開催されました。

福生七夕まつりは、2015年は、8月6,7,8,9日に開催されました。

狭山市入間川七夕まつりは、2015年8月1,2日でした。

それぞれ2015年の開催期間に近い日程で2016年も行われることが予想されます。

隅田川花火大会!場所取り!会場!屋形船!知っておくべき必須7選

七夕の飾りはどんなの?折り紙で作るなら?

364
七夕飾りは、願い事を書く短冊の他に沢山の種類があります。

折り紙で作るとしたら、どのようなものがあるでしょうか?

織姫と牽牛を折り紙で作ることもできます。

定番は、子供の頃「天の川」と呼んでいた「あみかざり」です。

折り紙を何回か折って、切り込みを交互に入れて開いて作るものです。

また、ちょうちん、貝かざり、ふきながし等も定番の七夕飾りです。

Sponsored Links

あとは、「つづり」と呼ばれる折り紙をカラフルにつなげて作るものがあります。

折り紙で作る星にも、二枚星、三枚星、ハサミ星等、色々な種類があります。

イラストを描いて雰囲気作りしたい!無料素材ある?

264
七夕のイラストを描いて、部屋に飾ったり、笹の葉につけたりもできますね。

七夕のイラストで七夕の雰囲気を作ることができます。

イラストを描くことができれば良いですが、絵が苦手だったり、絵を描く時間が無い場合は、七夕の無料のイラスト素材があります。

インターネットで検索すると無料素材が結構あります。

織姫と彦星、七夕飾りと短冊が付いた笹、天の川等、色々なイラストがあります。

それらをダウンロードして使うと良いでしょう。

また、それらを参考に自身でイラストを書いても良いかもしれません。

英語で七夕ってどう書く?

英語で七夕をどう書くかというと、「Tanabata」と書く場合もあります。

また、「The Star Festival」「Festival of the Weaver」「Star Vega」等とも書きます。

通常、「Tanabata」と書き、その意味を説明するために「Star Festival」等、その他の表現を使う場合もあるようです。

七夕ゼリーの作り方

216
七夕ゼリー
というものがあります。

星をモチーフにしたゼリーで、色はブルーハワイベースの青系で、青い宇宙や星を表現するようなものが多いです。

七夕ゼリーの作り方を3つ紹介します。

材料は、10個作るのに、メロン味のゼリユース二箱、豆乳ミルクプリンの元二箱、サイダー500ml、ブルーハワイ大さじ4、粉ゼラチン10gを使います。

手順は次の通りです。

手順1
メロン味のゼリユースをマニュアル通りに作り、それをタッパー等に入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

2
豆乳ミルクプリンを同じくマニュアル通りに作り、タッパー等に入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

3
サイダーとブルーハワイと粉ゼラチンを完全に混ぜて、同じくタッパーに入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

4
固まったら、それぞれグチャグチャにかき混ぜます。

5
好きな容器に、1で作った黄緑のメロン味のゼリユース、2で作った白い豆乳ミルクプリン、3で作った水色のサイダーゼリーの順に三層に入れ完成です。

次は凄く簡単に作れるぶどう味の七夕ゼリーです。

材料は、ゼラチン10g、80度ほどの水100ml、ぶどうジュース400〜500ml、砂糖25g、さくらんぼです。

手順1
ボウルに80度の湯を入れて、ゼラチンを振りながら入れて、完全に溶かします。

2
そこにジュースを入れしっかりと混ぜます。

3
それを容器に入れて、冷蔵庫に入れて固めます。

4
さくらんぼを乗せて完成です。

ぶどうジュースではなく、他のジュースにしてもOKです。

最後にやや手が込んだ七夕ゼリーです。

材料は、まず、牛乳200ml、水50ml、粉寒天2g、砂糖適量で、星のゼリーを作ります。

もう一つ、サイダー400ml、水100ml、粉寒天4g、青色素を少量、砂糖適量で青いゼリーを作ります。

手順1
粉寒天2gを水で溶かして加熱した上に牛乳を入れて混ぜ、容器に入れて、冷蔵庫に入れます。

2
これを星の形に切り抜いて、大小の星を作ります。

3
水で青色素を丁寧に溶かしながら、色を整えながら、サイダーで微調整します。

4
粉寒天4gを100mlの水で溶かして加熱した上に3で作ったものと残ったサイダーを混ぜて、再加熱し、硝子のボールに入れます。

5
熱がとれ始めて、少し固まりかけた所に2で作った星を入れます。
この時、星の位置を箸などで調整します。

6
固まったら硝子のボールから出して完成です。

七夕ゼリーは意外と手軽に作ることができるので、是非挑戦してみて下さい。

七夕歌詞の意味

「笹の葉サラサラ」で始まる七夕の歌の歌詞の意味について紹介します。

この七夕の歌は、「たなばたさま」という題名です。

歌の歌詞を憶えている人は多いかも知れませんが、細かい意味まではなかなか理解していないでしょう。

歌詞を漢字で書いてみると、意味が理解しやすくなります。

以下に七夕様の歌詞をできるだけ漢字に変換して紹介します。

笹の葉サラサラ
軒端に揺れる
お星様キラキラ
金銀砂子

五色の短冊
私が書いた
お星様キラキラ
空から見てる

以上ですが、この中で、少し分かり難い単語が、2行目の「軒端(のきば)」「金銀砂子(きんぎんすなご)」でしょう。

まず、軒端と言うのは、読んで字のごとく、軒の端(のきのはし)という意味です。

日本の家で屋根が建物から飛び出している部分を軒と言います。

軒端は、屋根の一番下の最先端の部分を指します。

つまり、笹の葉が軒の下の方で揺れている様子が歌われているというわけです。

次に、金銀砂子です。

砂子と言うのは、金箔や銀箔の粉のこと、あるいは砂のことです。

つまり、この歌詞は、空の星がキラキラと輝く様子が金や銀の砂のようだという意味になるようです。

また「五色の短冊」の五色の意味について考えてみます。

中国には万物は木火土金水の五行から成り立っている五行思想というものがあります。

木火土金水には、それぞれ対応する色があります。

それは、青赤黄白黒五色です。

中国の七夕では、この五色の紐を飾るようですが、日本では短冊なので、歌の歌詞にも「五色の短冊」と使われています。

日本では黒は好まれず、紫になったりしています。

現在では、五色に拘らない場合が多いですね。

歌の意味を噛みしめて、改めて歌ってみると、七夕に対する新しい情緒を発見できそうです。

七夕飾り!イラストや折り紙を使った雰囲気作り!星やくす玉の作り方

Sponsored Links

-未分類
-, , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨投資大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.